4/11/2017

これからも増殖し続けるのか?


最近暇でしょ?

と、言う事で、2011年に投資し、現在まで残っている中期保有銘柄についての雑感。
(タカが6年に満たない保有で長期とは口が裂けても言えないw)

眺めてみると、ジョンソン・エンド・ジョンソン (JNJ) , アルトリア・グループ (MO) , ペプシコ (PEP) , ユニリーバPLC (UL)、この4銘柄まで減っていた。だいたい当初の半分ですね。

アルトリアを除けば指数商品買持ちと差は無く (ユニリーバはUK指数では優位ですが、S&P500には劣後)、まぁもっともっと古くからアルトリアが強すぎたって話なんですが。


そのMO、2度の利確を経ての推移

2015年、2016年に保有比率調整にリリースしています。えぇ、その時点で再投資信者でも長期投資信奉者でもなんでもないですw



グラフは購入時の株数と金額を1として、増減を表現しています。見れば分かるんですがリスク引受人である投資家にしっかり報いていますね。

保有企業の中でも上に書いた古参4つは、滅多と業績を確認しない (自称) 鷹揚wなスタンス。なので、今更ながらで2016年ARに目を通してみようと思います。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


0 件のコメント:

コメントを投稿