6/30/2015

独り言のようなもの (2)

放埓穀潰しドラ息子問題 (Grexit) のお蔭、オプションのDairy P/Lが電動アシスト付き自転車クラスから、ハイブリッド・カーに昇格。

は、さておきw
頂いていたコメントから。(調べればどこにでもありそうな内容の羅列になりそうですが...

カバードコールやLDSでは、期近限月のコールを売りますが

①売るのはATMで良いのでしょうか?
②ITMになった場合ですが、権利行使される可能性はIVの水準によって増減しますか?例えば、低IV時は権利行使される可能性は低く、高IV時は権利行使される可能性は高い、等の傾向はあるのでしょうか?


先ず①について。
※中途の損益 (IV上昇による含み損や、その逆) は無視してあくまで最終日ベースです。

原資産の買い+コール売りのカバード・コール (以下、CCW) や、満期まで9ヶ月以上の強デルタコール買い+コール売りのLDCS。とどのつまり、合成ITMのプット売り。

そこから分岐点として、

  1. 原資産に対する相場観 (上昇幅や到達までの時間をある程度想定) で以って取引する
  2. 過去の結果から最適なリスク/リターンの方法を機械的に取引する

現物なりを買ってのデルタ勝負を、売りのプレミアムで少しピントズレを助けてもらいながら収益化を目指す。その意味でも、A. であれば何の問題もなく決まるはずです。

一方B. の場合、



S&P500 Total Returnが09年3月からしか入手出来なかったので、超ブル相場の結果になりますが、BXM = near the money , BXY = 2% out of the moneyを見ると、採りたいポジションがイメージ出来る気がします。(反転すると悪い時の感じも想像つき易いかと)

CCWはデイトレでIVの変化を収益化しない場合、あくまでデルタ1の原資産 (やLDCSは強デルタ) ロングを補完して収益化を目指す事になるので、何を捨てるかがポジション構築の鍵になると思いますね。

因みに自分の場合オプションでのウェイトは小さいですが、指標と逆指標と怪しい相場観を駆使ww し、売りはITM~7% OTMぐらいまで変動させつつ行っています。それが一定で完全な機械的取引と比較し、優劣がどうなのか?詳細をオープンに出来る程度まで精査していないので何とも言えません。。。


次の②について。

満期時点ITMは説明不要として、満期前ITMコール側の早期行使は配当に他なりません。殆ど現物化した時間的価値の無いDeep ITMコールを買い持ちしていても配当を受け取れないので、買い手は配当落ち前日に行使して配当受取りを選ぶ事になるでしょう。

では、どの程度ITMに喰らい込むと行使されてしまうのか?

時間的価値が配当より小さい場合、簡単にプット・コール・パリティ (正しくはアメリカンの場合、不等号を含む関係式になります) から、


そのコールと同じ行使価格のプットの価値 < 配当額


の関係が成り立つ、ストライク・プライスが行使とホールドの概算目安になるかと。
丁度都合良く、JPモルガン・チェースが7月1日に権利落ちなので一覧で見てみると、
(Mid値で理論値とは少々ズレあり)



水色部が行使対象となりうるストライク・プライス。この範囲のコールを売っている場合は行使される可能性、買っている場合は行使する必要性 (無論コストを考慮しなければなりませんが) ありとみなせるかと。

そして最後にIVの影響。
IVがプレミアムにどう作用するのかをシンプルに考えて、例えば、7月24日の63や64辺りでIVのみを5%上下させてみると、プレミアムの変化 (内包する時間的価値の増減) から、上図水色部 ⇔ 白色部の境目が変わる事でイメージ出来ると思います。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ



内容は素人が思いっ切りやっつけで書いていますので、間違っているところが多々あると思います。そこらへんの指摘大歓迎です。

6/26/2015

AAの続き (その2)

分譲マンションやビルが近所にもポコポコと急ピッチで出来たり (これに加え店舗や高サ住などの需要もあり、本業が盛況なわけですが..)。あと、「土地、売り家、賃貸できる戸建てを探しています!!」的なチラシが頻繁に投函されていたり、ほんのり泡っぽい今日この頃。


そんなチラシに混じって、証券の名刺とチラシが高頻度でポストに入っている。

例えば、



その某證券、担当の顔写真とプロフが載っているんだが、完全に文系且つ肉体系、AA型株式等の仕組みを説明出来るとはとても思えないんだがww


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


6/24/2015

一言物申す

投資の配当金と違い、金融商品の分配金にトキメキもヘッタクレも無いのですが、一応分配金の時期についでで組入れ内容など無意味に確認しています。

WisdomTree International SmallCap Dividend Fund (DLS)

Country Allocationで変わらず25%以上のウェイトを占める日本。現在のDLSは993銘柄に 分散 ハッているワケですが、記憶している中で組み入れ上位5% (今回の場合は50位程度まで) に日本株が居る事はありません。ナゼかは兎も角。

そして今回、



惜しい、94位www


(ここからネタ感満載ですが) 6889って???



配当 2.88% 、まぁ日本株ではマズマズ??

じゃなくって、



こんな連中を日本株って言うんやったら、アフラックもれっきとした日本株じゃねーの? と、独り言。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


6/17/2015

リバランス後の新規組入れ


遅れ遅れで小出し小出しの更新-2。


Sector Industry Ticker
 Basic Materials  Agricultural Inputs POT - - -
 Industrial Metals & Mineral CMP - - -
 Cons Discretionary  CATV Systems SJR - - -
 Leisure Goods MAT - - -
 Luxury Goods COH - - -
 Cons Staples  Cigarettes BTI MO - -
 Personal Products PG UL RBGLY KMB
 Processed & Packaged Goods PEP GIS - -
 Energy  Major Integrated Oil & Gas XOM CVX COP STO
 Oil & Gas Midstream KMI TRP - -
 Financial  Money Center Banks WFC - - -
 Property & Casualty Insurance AWH - - -
 Healthcare  Drug Manufacturers - Major JNJ - - -
 Industrials  Aerospace/Defense Products UTX - - -
 Diversified - Machinery ITW - - -


[ 組入 ]
  • Compass Minerals International Inc. (CMP)
    岩塩なんてものでも地の利が効いて安定的。寒冷化とまでいかなくても冬さえあれば。保有銘柄の中でダントツ最小の時価総額企業。

  • United Technologies Corporation (UTX)
    気が付けば、またダウ銘柄。




ウェイトを均し、これで24銘柄。米16・加3・英3・諾1・瑞1となりました。(当面はおわり)


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


6/16/2015

独り言のようなもの


コメントを頂いていて更新するネタがひとつ出来ましたので。

2年後には現在の株価よりも10%以上下落すると予想した場合、LEAPSの裸プット買い以外に投下資金を少なくするような他の方法がありますでしょうか? 銘柄の例としては、ASHRです。

詳らかにコメント欄内にイメージを書くのは難しい。そこは重々承知の上で。。。

想定が10~20%程度なのかそれ以上なのかドカ落ちなのかジリジリなのか、中途の損益を無視出来るスタンス (= 証拠金不要) なのか、10%の下げで利益を得たいのか10%以上から加速度的に稼ぎたいのか、はたまた分布の端っこで稀に起こるかもしれないところで爆発させたいのか?

等々色々ありすぎるのですが、受けた印象はオプション性というよりは空売りの代替的な感じでしょうか。


例のASHR (db-x CSI300) がATMで53ドル。
さて、どうする?の前に、今データを簡単に入手出来る最長2017年1月満期 (585日) のデルタでは、



-10%であればそう遠からずで、-20%はやや確信的な自信が必要?とりあえず585日後に収益化出来る手だてを考えてみます (途中の値動きは無視する)


さて、どうする?

自分であれば、2017年1月満期の ストライク・プライス 40 のプットを売る (CSP)
下がると思っている原資産から、年率6.5%のリターン。


では芸がないのでww ショート・プットにベアスプレッド (Call+Put) を加えると思います。
(図は最終日損益線)



だいたいの損益はというと、

  • 空売り = 想定コスト差引後
    Maximum Loss = , Maximum Gain = 4,942

  • CSP = Short Put 35 (期初282ドル受取)
    Maximum Loss = 3,217 , Maximum Gain = 282

  • Bear SP-1 = Bear Call @60-70 + Bear Put 45-40 (期初10ドル受取)
    Maximum Loss = 990 , Maximum Gain = 510

  • Bear SP-2 = Bear Call @55-75 + Bear Put 50-40 (期初70ドル受取)
    Maximum Loss = 1,930 , Maximum Gain = 1,070

  • Strategy-1 = Short Put 35 + Bear Call @60-70 + Bear Put 45-40 (期初292ドル受取)
    Maximum Loss = 2,707 , Maximum Gain = 792

  • Strategy-2 = Short Put 35 + Bear Call @55-75 + Bear Put 50-40 (期初352ドル受取)
    Maximum Loss = 2,147 , Maximum Gain = 1,352

中途の変動に目を瞑り、単純に下げ目線で賭けたいのはStrategy-2ですかね。



もう一つの件、
プットでのLDSもアリかと思いますが、LEAPSのITMを買って期近OTMを売る戦略は、下げが急角度になりますとボラティリティに負ける気がしてなりません。

ITMのプットの今ある弱点は、金利変動。ストライク・プライス 65 で2%金利上がるとだいたい8%程度はプレミアムが下がりますから。あと、ガンマが小さいLeapsはベガが肝ですし、ASHRのIVが最近高い事からボラのジリ下げで削られる可能性も。

狙いの下げがいつくるのかで全く違う物になってしまいますが、Leapsの満期3ヵ月前までヨコヨコで推移し下落したざっくり想定では、

2015.06 2015 2016.11まで 2016.12下落 損益

ASHR 原資産価額 53 53 40 -13

2017.01.65P Long 1,820 1,240 ほぼ2,500 680
OTM Short Put SP48 50×5=250 50×10=500 -990 -240


割とイケるかなと思えたり。
想定は兎も角、何よりプット側LDSやLeapsプット買いがやり難いのは、株式だと一応期待値がプラスの原資産。そこら辺も考慮してポジションとらないと、思ったような結果を得るのは難しい気もしますね。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ



内容は素人が思いっ切りやっつけで書いていますので、間違っているところが多々あると思います。そこらへんの指摘大歓迎です。

6/13/2015

Allied World Assurance 新規組入れ


遅れ遅れで小出しの更新。

前記事でのリバランス、今居る銘柄の傷んだものをナンピンするのが普通なのかもしれませんが、当方はDRiP以外での難平御法度を掟としていますので新規銘柄にBETしています。

Sector Industry Ticker
 Basic Materials  Agricultural Inputs POT - - -
 Cons Discretionary  CATV Systems SJR - - -
 Leisure Goods MAT - - -
 Luxury Goods COH - - -
 Cons Staples  Cigarettes BTI MO - -
 Personal Products PG UL RBGLY KMB
 Processed & Packaged Goods PEP GIS - -
 Energy  Major Integrated Oil & Gas XOM CVX STO COP
 Oil & Gas Midstream KMI TRP - -
 Financial  Money Center Banks WFC - - -
 Property & Casualty Insurance AWH - - -
 Healthcare  Drug Manufacturers - Major JNJ - - -
 Industrials  Diversified - Machinery ITW - - -


[ 組入 ]
  • Allied World Assurance Co Holdings AG (AWH)

- 邦訳されていた企業概要を転載 -

アライド・ワールド・アシュアランス・カンパニー・ホールディングス(Allied World Assurance Company Holdings)は専門保険・再保険会社であり、バミューダ、香港、アイルランド、シンガポール、スイス、英国、及び米国に位置するオフィスを通じて、損害保険事業ラインからなるポートフォリオを引き受ける。同社は米国保険、海外保険及び再保険という3つの事業区分により構成される。米国保険事業は米国において、元受保険活動を行う。海外保険事業は米国以外の地域において、元受保険活動を行う。再保険事業はその他保険企業により引き受けられる財産保険、損害保険、専門職業賠償責任保険、専門ラインとプロパティ・キャタストロフ・カバレッジの再保険を行う。

それは良いとして、 ロイズ・シンジケート2232は、S&PとFitchから「A+」に格付け とか。ロイズ?何となく 「沈黙の艦隊」 が頭の中に過ったりも (あれはライズか

ズブ素の考えなど何の意味も無いので中身をあれこれ書きませんが、EPSがここから毎年10%ずつ減ってしまっても、DGR (配当成長率) 15%は5年くらいイケるでしょ?その気になれば、ですが。


これで22銘柄。米14・加3・英3・諾1・瑞1となりました。(つづく)


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


6/12/2015

水からワイン


少々古いネタですが。。。



先日更新の売却などと並行し、どさくさに紛れてリバランスを行っています。

自分の場合は単純に、いびつな割合をある程度の等配分に戻すだけの簡単なお仕事ですが、当然増えた分を売却するのでキャッシュの処理を考えなければいけません。

という、既に済んでいる次回告知。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


6/11/2015

お久しぶりの株式売買記録


更新のペースが落ちていますと言うか、そも書くことがない。一方、本業では両目瞑った取引先が出たり (全額回収済で被害なし) マダマダ忙殺月間も相まってナカナカ芳ばしい日々を過ごしておりますwww


が、その間を縫うようににボチボチと動かしました。振り返ればコーチの組入れ以来です。

Sector Industry Ticker
 Basic Materials  Agricultural Inputs POT - - -
 Cons Discretionary  CATV Systems SJR - - -
 Leisure Goods MAT - - -
 Luxury Goods COH - - -
 Cons Staples  Cigarettes BTI MO - -
 Personal Products PG UL RBGLY KMB
 Processed & Packaged Goods PEP GIS - -
 Energy  Major Integrated Oil & Gas XOM CVX STO COP
 Oil & Gas Midstream KMI TRP - -
 Financial  Money Center Banks WFC - - -
 Healthcare  Drug Manufacturers - Major JNJ - - -
 Industrials  Diversified - Machinery ITW - - -


[ 除外 ]
  • Halyard Health Inc. (HYH)
    保有4年弱、USDベース年率換算リターン 21.01%
  • Lorillard Inc. (LO)
    保有3年弱、USDベース年率換算リターン 29.85%

ロリラードは、レイノルズ化する事がポートフォリオ上不要と判断。少量のハリヤードはもうエエやろと。


[ 組入 ]
  • Illinois Tool Works Inc. (ITW)
  • Reckitt Benckiser Group PLC (RBGLY)

そのロリラード (と、僅かなハリヤード) を振り分けるべく、半分を工業株でイリノイ・ツール・ワークス。ちょっとリスクオンな感じを反映しています。もう半分は置きにいく的なiShares MSCI EAFE Min VL (EFAV) で上位と、自分好みなボラのレキットベンキーザーを組入れました。


んまぁ、何と申しますかダダかぶり感は否めませんww が、タブンじきP&(ry......


取り敢えず、2減2増で21銘柄のまま。米14・加3・英3・諾1と北米偏重に変わりなしです。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


6/05/2015

Monkey 30 ファンド

かなりどうでもいい事ですが、今年の4月で5回目の仮想日本株ポートフォリオ。

始めたきっかけは、テキトーでもどうにかなるんじゃないの?を確認するため。3末に選んで4月に建てた想定で1年後に評価するおアソビです。(今年は忘れていて4/17スタート)



とある2つの指標からスクリーニングして (だいたい100銘柄より少ないぐらい) ランダムに30個選択した結果で等配分。必然的に有配株になっていて指数より高配当ですが、インカムは面倒なので含まず評価。

過去4回運良く1度もTopix (1308) を下回る事はないですが、全市場から抽出しているので東1が適切なベンチマークとは言い難い。ま、でも実際の対象商品が東1と日経しかまともにないのでTopixとしています。

今回の猿はどうなるやら。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


6/01/2015

2015年5月末運用状況


►Performance

Since Sep 2010, the currency is JPY.
(Return is a net)
Reference axis
(Monthly Trends)
My portfolio
(Stocks,ETFs,Options,Cash)
 [VIX]
 14.55 → 13.84
 [S&P500]
 2,085.51 → 2,107.39
 [Russell2000]
 1,220.13 → 1,246.53
 [Rate 10 yr Treasury]
 2.05 → 2.10
 [USD/JPY]
 119.00 → 123.73
Monthly
Return
(Apr - May)
4.30%
Annualized
Return
Volatility
16.2% 14.0%



►Delta one position

[ Buying & Selling ]

None


[ Dividend ]

 Ticker  Dividend Amount  Payable Date  Note 
 TRP   @0.429 (CAD @0.52) Apr.30 0.48 → 0.52 (8.33% increase)
Reflected in the account on May.01
 GIS   @0.44 May.01 0.41 → 0.44 (7.31% increase)
 POT   @0.38 May.05 0.35 → 0.38 (8.57% increase)
 BTI   @3.1059 May.12 
 KMI   @0.48 May.15 Increased the $ 0.03 div on a quarterly
 PG   @0.6629 May.15 0.6436 → 0.6629 (2.99% increase)


[ Voting ]

Statoil ASA


►Derivative position

[ Buying & Selling ]

Hide



増配アナウンスは、6月配当からペプシコ (7.25%)。

いつにもまして語る事がございませんww
ま、圧倒的なリソース不足が原因による刈取り作業の遅れという事で特殊要因もあって、円安を除けば低位安定し過ぎ。合間を縫って程々にリスク採りにいかねばと思いつつ。。


さて6月。蒔いた種が芽を出すのか、はたまた腐るのか。分水嶺の月になりそうです。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ