12/23/2014

どうでもいいオプションの小ネタ

睡眠確保は譲れないので、寄り引けトレードをメインにしている都合、朝一布団でトレードの為に起きるかどうかスマホでチェックをするわけです。大体、夏時間はAM 4:00頃、冬時間はAM 5:00頃。

そのついでに頭の体操として、^RUTの1~3ヶ月程度のATMボラを計算してみたり (朝から何やってんだか) もちろん簡便且つ、短い期間なので考慮する項目が少ないBrenner - Subrahmanyam Formulaで。


σ atm  C∨P atm 2 π S T    C∨P atm ・・・ Premium 
     S ・・・ Underlying Asset Price


これを変形して、自分の思うIVから大体のプレミアムも出せて結構便利です。イヤまてまて、一体自分の思うIVってなんやねん。と、いう事はさておき。



オプションからもうひとネタ。

下端のLeaps Put Longで放置している、Wisdomtree DXJが、、、

何コノ分配金?為替ヘッジ益?


そこまではどうでもいいお話だったのですが、、、

ストライク・プライスをイジられるなんて。。朝起きてのっけから、ポルナレフ状態だったりするww


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


12/18/2014

おいくらほど?

チョット古いネタ。これはお安いペナルティですねぇ。

105億円の利益はどこから? | 九条清隆 相場観と金融工学

105億円はどこから出てきたかといと、そうした「一見完全に日経平均に連動しているように見えるファンド」保有者が被っているわけです 。ばかげているのですが、保有者が損をしていることを認識していないことが最大の問題なのです。

賢明な方々は一顧だにしないようで、この不都合についてブログ等の発信はありませんね。上の九条氏の苦言と反対に、そういった損失もキチっとトレース (HFの片棒担いで自作自演) しているので、大満足な結果という事でしょう。

それでも、コスト・コンシャスの結果で行き着いた商品利用という意味で、気になるのはその乖離を忌避する代わりに払うコスト、ハテそれは如何ほどかと。

見当ったリテールが参加可能な投信と、上場投信(ETF)で5兆ぐらいの資産。統計データから投信全体で150兆程度の総資産として、リテールの5倍で25兆を日経平均連動型と仮定してみましょう。

そして、うはうはしたアレイオンで105億、その他諸々が更に105億ゴチになったとして210億とすると、

Extra Cost = 210 250,000 = 0.084%
10,000円あたり8.4円?

例えば低廉なコストから、SBIでは人気No.2とされている、ニッセイ日経225インデックスファンド (何と監査が機関車w) のコストが実質年0.3024%という事なので、同ファンドのホルダーではこの件で、通常払う年間コストの½以上を負担した計算になる気が。

ま、仮定の仮定で、本当はもっと多いか少ないかわかりません。どっちにしても、各人そこそこの額をHFやコバンザメに鴨ネギしたんでしょうね。そう考えると、今後資産残高が伸びるであろう伸びきったゴム的なJPX日経400は、もっと高頻度に臨時配給があるんじゃなかろうか。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


12/17/2014

師走雑感

こっちの運用そっちのけ、日経のガチャガチャにデルヘで便乗やら、ヒタスラあぶら (原油先) 売ってました。

昨日ようやくIWMカレンダー・スプレッドのカタワレ141231P115をクローズしたのみで、あとは順次エクスパイア待ちで特にする事もなく、新たな売りを今する気も起きず、トレード的には年内終了な感じです。

ただ、ロシア↓↓ のボラに興味ありますが、どうでしょうw

[Market Vectors® Russia ETF : RSX]


一方、投資の方はというと、NOK安もプラスされノーズ・ダイブなスタトイルも割と凄い勢いですが、10$を切るとか鼻をつまむ程でもなく。来年にでもLeapsカレンダー買いで補完しようかと考えてますが、しばらくは様子見でしょうね。他の保有銘柄も結構まったりしていますが、これまた買い増したいワケでもなく。

同じく投資も年内終了ですかね。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


12/10/2014

山深雪未消

もう何年も前に見た何方かの記事のパクリの変形。デジャヴュ感満載でお届けします。元はと言えば、現物を主としないオプション利用で、気絶系自動ロール運用の実験をしようかと思い立ってのログ。

例えで、ボラ20%の原資産を30日前に建て、満期まで配当なし金利0%の仮定で、ストラドル、1σ手前のストラングル、2σ手前のストラングルで最終日損益線を描いてみます。

原資産価格100の時に、
  1. ストライクプライス100のコールとプットを1枚ずつ売り (青)
  2. ストライクプライス105のコールと95のプットを1枚ずつ売り (橙)
  3. ストライクプライス108のコールと92のプットを1枚ずつ売り (黄)
乗っけからX軸が降順だったり角度が45°でないあたり、作りが粗いですなw


上の条件ではイーブンでない比較なので、原資産価格100の時にプラスの面積を整え、
  1. ストライクプライス100のコールとプットを1枚ずつ売り (青)
  2. ストライクプライス105のコールと95のプットを約1.5枚ずつ売り (橙)
  3. ストライクプライス108のコールと92のプットを約3枚ずつ売り (黄)
随分と景色が変わってきました。


そこからいっその事、原資産価格100の時に建て時受取りプレミアムを整えてみると、
  1. ストライクプライス100のコールとプットを1枚ずつ売り (青)
  2. ストライクプライス105のコールと95のプットを約3.7枚ずつ売り (橙)
  3. ストライクプライス108のコールと92のプットを約10.8枚ずつ売り (黄)
うむ、売りはイノ(ry 線路が何本あっても足りませんな。

そもそも相場観に長けている人は、オプション売りなどまどろっこしい手は要らないとして、確率厨で第二のアレwwを目指す方は大外のストラングルを目一杯売り、株の人 (相場観で張れる人) でなく、確率厨でもない自分のような凡人は、IVの変化を勘案する仕組みでの程々に負けるストラドルが良さそうですね。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


12/09/2014

GDPよりNFP

実はプラスでした的な、選挙用のダマシはなかったようですね。トークのプロ予測とは裏腹にw

円安と選挙期待で株価は反応せず、N225が18,000間近だそうで。自分的にはGDPよりNFPなんですが、それはまぁいいとして、今はどうなのかと単純に気になった次第です。

株価水準の考え方 | 山崎元「ホンネの投資教室」

このコラムで以前に、「投資を考える上で最も役に立つ数式」として、一定の率(g)で成長が続く将来のキャッシュフロー(初期値はE)を、一定の割引率(r)で割引現在価値に引き直した合計値(P)を与える公式をご紹介したことがある。Pを株価、Eを今期の一株利益と思って見て頂きたい(図1)。

割引率は、金利(i)とリスク・プレミアム(p)に分解できるので、簡単な変形から、益利回り、成長率、金利の三つの数字を与えると、その時の株価が含意するリスク・プレミアムを求めることができる。益利回りは、PER(株価収益率)の逆数なので、成長率、金利、リスク・プレミアムとPERの関係を考える事もできる。

P = E r-g r = E P + g p = E P + g - i

東証一部のPERが前期基準で18.3、予想で17.65との事 (日本経済新聞より) で間とってPER = 18として益回り5.56% 、リスクフリーレートを長期金利とした場合、今日時点で0.435% 。パラメータとして不足する成長率 (g) をどう見るか。


推定リスクプレミアムは成長率次第、市場の考えはどの程度を見積もっているんでしょうか。

  • リスクプレミアムが7%であれば、必要な成長率は1.88%
  • リスクプレミアムが6%であれば、必要な成長率は0.88%
  • リスクプレミアムが5%であれば、必要な成長率は-0.12%
  • リスクプレミアムが4%であれば、必要な成長率は-1.12%

現在値が効率的値付けされた結果として、リスクプレミアムを4~6%と見るのが一般的で、真ん中の5%を要求していたとすれば、ややマイナス成長予測ということになるんでしょうか。

ここから円安方向が継続した状態で、東証一部全体でのEarningsの改善が期待出来ないヨコヨコだった場合として。現在の0.435%の金利から変動すると、5%のリスクプレミアムの要求を満たすために、

  • 金利0.8%でPER16.9倍となり、株価-6.2%
  • 金利1.2%でPER15.8倍となり、株価-12.1%
  • 金利1.6%でPER14.8倍となり、株価-17.8%
  • 金利2.0%でPER14倍となり、株価-22%
  • 金利2.4%でPER13.3倍となり、株価-26.1%

この先にリスクフリー金利 (ここではJGB10) が0.0% 、さらにマイナス化すれば話は別ですが、よっぽど新政権が新たに期待を持たせない限り、この見方で考えればダウンサイドに魅力がありそうな気が。

ただ、ETFの日銀買いがあるので、というか、日銀 = 債券 + 株のロング、GPIF = 株ロング、外人 = 適宜調整。この3つでほとんど決まっているようなもんなので、割高安の判断なんて考えるだけ無駄ですね。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


12/02/2014

2014年11月末運用状況


もう師走でんがな.......

►Performance

Since Sep 2010, the currency is JPY.
(Return is a net)
Reference axis
(Monthly Trends)
My portfolio
(Stocks,ETFs,Options,Funds,Cash)
 [VIX]
 14.03 → 13.33
 [S&P500]
 2018.05 → 2067.56
 [Russell2000]
 1173.51 → 1173.23
 [Rate 10 yr Treasury]
 2.34 → 2.19
 [USD/JPY]
 109.34 → 118.23
Monthly
Return
(Oct - Nov)
8.59%
Annualized
Return
Volatility
16.18% 14.24%


►Long-term position

[ Buying & Selling ]

HYH : Halyard Health (Assignment by the spin-off from Kimberly-Clark)


[ Dividend ]

 Ticker  Dividend Amount  Payable Date  Note 
 TRP   @0.4244 (CAD @0.48) Oct.31  Reflected in the account on Nov.03
 GIS   @0.41 Nov.03   
 POT   @0.35 Nov.04   
 KMI   @0.44 Nov.17 Increased the $ 0.01 div on a quarterly
 PG   @0.6436 Nov.17   
 SJR   @0.0xxxx (CAD @0.0917) Nov.28 


[ Voting ]

None


►Short-term position

[ Buying & Selling ]
  
BTC  IWM 115 Nov.14'14 Call Short         
BTC  IWM 116 Nov.21'14 Call Short         
STO  IWM 115 Dec.05'14 Put Short         
STO  IWM 119 Dec.19'14 Call Short         
STO  IWM 120 Dec.19'14 Call Short         
STO  IWM 121 Dec.19'14 Call Short         
BTO  IWM 115 Dec.31'14 Put Long         
BTO  IWM 116 Jan.15'16 Call Long         



原油のナイアガラ、ブログのポートフォリオ的にはその他と相殺されて凪。平時に確認出来る分散効果ってやつですね。別腹にて後追いながら先物で溜飲を下げに行ったので気持ち的にも平穏w

あと、、、特にないですね。

オプションは、エクササイズでの決済目的 (アレの都合) も兼ねて指数のヨーロピアンは当面中止し、IWMでデルタロング、ガンマ微ショート、ベガ強ロングを中心に組成。来年を見据えたやや買い過多のポジションを順次構築しつつありますが、一体どうなることやら。

さて12月。忘年会が日本文化から消えて欲しいと切にせつに願いつつ、あ゛っという間に過ぎる予感。取り敢えず、満期日前だけは忘れず押さえておきたいところです。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ