8/16/2014

結局、基本に忠実なだけでは?

JPX日経400って、株主財布指数上位のエクセレント企業のケツ蹴り上げるのと、それを理由に無理やりGPIF (と追随する年金) に買わす為のクオリティ指数モドキと思っているんですが (違う?)

と、丁度いいところに、

第227回 スマートベータをどう考えるか | 山崎元「ホンネの投資教室」
尚、JPX日経400は、銘柄選定基準やウェイト付けの考え方はあるが、最終的には人間が判断を行っているので、他のスマートベータ運用とは些か性質が異なる。最終的に人間が判断する事自体が悪いとはいえないが、完全にルールが明確な運用とは区別しておきたい。

判断が定量的でないって、何なのこの指数?
組入れ希望者はUnder the tableが出来たりするんでしょうか? (だったらAmadaが既にやっているかwww

インデックス運用派の人々は、現状のスマートベータ商品であれば、そう気にする必要は無いと思う。例えば、TOPIX連動のファンドを、JPX日経400連動に切り替える意味はない。しばらくは、高見の見物をしていていいと思う。

氏の事なのでこういう締めになるのは当然として、だから東証一部上場株のみ連動が現状最良って淋しいですねぇ。。知恵要らずのトータルストック物すらない、ガンホーとかミクシィみたいな時価総額大きいのに1本のファンドでBET出来ない先進国って、、全市場154位と205位を無視するのは買い上げられた順にホールドする事を是とするにはアレじゃないかと思う。

------

冗談はこれぐらいに、スマートベータが変な呼び名という事は置いといて、たった20年でどうだったか、MSCIファクター指数でのレポから中々面白い結果を見る事が出来ます。
(下図出典:スマートベータは年金運用の救世主か - ニッセイ基礎研究所)


超過なり安定を狙うにはバリュー寄せがメイン、クオリティが唯一グロース。肝心のリスクとリターンは、


図表4の順位だけ見れば、何でもカチ騰げ大相場でTopixのパフォーマンスが良く映りそうですが、年率を考慮するとケタ外れに悪かった運用対象です。同レポP.3、20年間での累積収益率グラフで一目瞭然ですが、何を買ってもTopixのみ長期運用対象から除外すれば良かった事に。

逆に考えると、どうしようもないくらいの相場が続き、今回の様な官製相場が来た場合はTopixにぶち込む事が最良です。ただ、そういった時は、Topixの重い動きより軽快な日経平均の方が効果高いので、先物とMarried putが資金効率からもよさげ。

先物嫌いは、平時とグダグダ相場は高配当ETF・1577でコア運用しつつ大相場が来れば、Topix ETFで短期サテライト、あとは、通勤時の吊り革広告と相談しながらサテライトをExitすれば、数少ない稲妻チャンスの (悪くても) おこぼれにあずかれそうです。

------

戻って、上の結果では高配当が異常に良い。レポでは、
この理由は次のように考えられる。高配当利回り指数は組入銘柄を選定する際に収益性や財務体質も考慮する。また、配当性向が極端に高い“背伸び配当銘柄”を除外している。このため、指数はいわゆる優良企業を多く含むと考えられる。しかも、配当利回りが高いということは、株価が実力よりも低く評価された“真の割安株”である可能性が高い。このため過小評価された株価が修正される過程でキャピタルリターンも高くなったと考えられる。

思うに、基本に忠実な選定で分散してじっとしていればいいって話ですよね。ユニーク・リスクの影響をある程度下げる数を持てれば個別でも同じでしょう。

機関と違って個人は、例えばETF・1577の様に売買インパクトを考慮した制限を設定する必要がないので、銘柄選択自由度も比較にならないぐらいあります。そう考えると弱小個人はかなり優位ではなかろうかと。

これ言うまでも無く、資金と時間があり、市場平均との乖離をいちいち気にしない前提ですが。 (気にすると、世の中と同じ罠に嵌ってクソ株JCがオチ)


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


8/15/2014

エッジ立ってる?

盆休みの中、コーラがモンスター買うとか、ダニエル・ローブがアストラゼネカ買ったとか話題はありますが、まぁ関係ない話で。

私事では、ボラ剥げ凪相場で短期が退屈になっていますので長期のネタ、保有銘柄の偏り具合などETFも混ぜて見ておきます。(下値はMorningstarのデータで、Total World = VT , SP500 = SPY , SP500 Eq = RSP , Dow 30 = DIA)

Group Sector My
Portfolio
Total
World
SP500 SP500
Eq
Dow 30
Cyclical  Basic Materials 5.76%  6.55%  3.40%  5.25%  2.54% 
 Cons Cyclical 10.27%  11.13%  10.45%  15.40%  13.20% 
 Financial 6.78%  18.02%  14.71%  12.85%  23.93% 
 Real Estate 2.24%  3.52%  1.98%  3.68%  -
Sensitive  Communication 3.28%  4.35%  4.04%  2.33%  3.24% 
 Energy 22.63%  9.57%  10.52%  8.54%  8.75% 
 Industrials 5.61%  11.67%  11.01%  13.92%  19.24% 
 Technology 3.05%  12.43%  17.63%  12.28%  11.21% 
Defensive  Cons Defensive 33.53%  9.16%  10.03%  9.20%  7.57% 
 Healthcare 5.63%  10.33%  13.28%  10.67%  10.31% 
 Utilities 1.22%  3.31%  2.97%  5.88%  -

ヘルスケアはジョンソン・エンド・ジョンソンの一本足がアンダーウェイトの主因。アストラゼネカ売却時に乗り換える対象が無かったとはいえ、長期眺め銘柄のファイザーとかグラクソとか、うーーんって感じです。。

後は前々からの公益セクター。こっちは利上げあるし当分静観でおkではないかと。寧ろ金融とか工業に目を向けるべきかもしれませんね。そろそろロリラードの振り向け先を本格的に検討すべきか。


ものはついでに大きさなど。

Mkt Cap My
Portfolio
Total
World
SP500 SP500
Eq
Dow 30
Large Giant 27.71%  45.97%  50.87%  12.41%  89.88% 
Large 41.15%  30.85%  36.83%  42.19%  10.12% 
Small Medium 16.44%  17.75%  12.30%  45.40%  -
Small 13.88%  4.71%  - - -
micro 1.51%  0.71%  - - -

DC含む全資産で見た場合大型:小型半々が今思う理想なので、ブログ扱いのコレだけ見るとMid以下に不足が否めませんね。年末換金処分 (事業資金に振替) がどうなるかわかりませんが、このままであればDCファンド変更も済んだので徐々に持っていけるんですけど、さてどうなることやら。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


8/12/2014

VIX コールのロールとリチャード・キンダー

昨晩はCNBCで気が付いた。Pre-Marketから噴き上がっていてましたね>Kinder Morgan

Kinder Morgan, Inc. to Purchase KMP, KMR and EPB; 2015 KMI Dividend to Increase to $2 per Share
  • KMP unitholders will receive 2.1931 KMI shares and $10.77 in cash for each KMP unit. This results in a price of $89.98 per unit, a 12 percent premium based on the Aug. 8, 2014, closing prices. This is a premium of 11.4 percent based on the July 16 closing price reference date used by the parties during the negotiation of the transaction.
  • KMR shareholders will receive 2.4849 KMI shares for each share of KMR. This results in a price of $89.75 per share, a 16.5 percent premium based on the Aug. 8, 2014, closing prices. This is a premium of 16 percent based on the July 16 reference date used by the parties in the negotiation. The parties negotiated consideration for KMR shares equal to the consideration for KMP units, using the July 16 reference date.
  • EPB unitholders will receive .9451 KMI shares and $4.65 in cash for each EPB unit. This results in a price of $38.79 per unit, a 15.4 percent premium based on the Aug. 8, 2014, closing prices. This is a premium of 11.2 percent based on the July 16 reference date used by the parties in the negotiation.
  • Both KMP and EPB unitholders will be able to elect cash or KMI stock consideration subject to proration.

なにかと話題作ってくれますね、もちろん歓迎ですけど。しかしRichard Kinder氏は、KMI保有22%強に加えてKMP , KMR , EPBでどんだけ持つことになるだよって感じ。


-------

それはそうとして、一時の安堵かVIXが再び剥がれ気味。



1銘柄お宝的なトレードになりましたが、残りはごく普通に10月物にロール。このまま何事も無く落ち着くとは思えないんですけどねぇ。。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


8/04/2014

Correction?

昨日は雨の休日と云うこともあって、ブログタイトルらしい過ごし方をしました。



7月頃から妙な感覚に囚われて、金融関連書籍を借りては読んでいます。発行は2009年みたいですが、勿論内容はその頃流行の危機煽り系ではありませんので、タイトルで手に取ると肩透かし喰らいます。

とにかく読み易い1冊。理論物を除く金融系でこういう入門書的な本が偶然見つかると、世の中では (はじめに答えありきで誘導しているものを中心に) 指南本に埋もれて気付かれない、読まれるべき良書は結構あるんだろうな、と。

まぁ一部に、ん?ってところもありますが、それはどんな本でもあるもんでしょう。



して、その妙な感覚ですが、モヤモヤ感というか何と云うか......

感覚的には近いトレードでガンマリスクを採ったまま夜眠るのはイヤかな?程度なんですけど。今のポジション合計ではややガンマショートなので全く一貫してません (ただし、期先買い多めでベガロングの塊ww)


その感じを掴みたくてWebをウロウロしてみたところ、

Source : GuruFocus.com

Ratio = Total Market Cap / GDP = 119.6% = Significantly Overvalued ですって。うーん、こういうのともチョット違うんです。ましてや8.11ブラ(ry


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


8/03/2014

Pray towards the OCC

いつもながら株の話は特にないので、オプションの事でも。

配当 (分配) のあるアメリカンタイプのオプションで難儀な問題に、アーリーエクササイズ (早期権利行使) があります。売りも買いも同様です。

その事について、手持ち本でも触れてあります。


この本は、原資産を中心に据えたオプション、カバード・コール、キャッシュ・セキュアード・プットなどで必要ありませんが、一見の価値はあると思います。自分は、少しつっこんで知りたいと思って買って以来、ことあるごとに開けている、実務と理論のバランスがとれた良書です。(ジョンハル本より素人向き)

その中で、
 OCCはマーケットメイカーにのみ、取引日中にひとつのオプションに対してロングポジションとショートポジションをとることを許可しています。例えば、配当落ちの前日に100個コールを買い、同じコールを100個売れば、正味のポジションはゼロです。したがって通常であれば行使もできませんし、割り当てられることもありません。

 ところがマーケットメイカーであれば、取引終了後に買った100個を行使して株に換え、そして100個のコールのショートポジションを取るということが可能なのです。マーケットメイカーは、これを利用して配当落ちの前日にマーケットメイカー同士で大量のコールの売買を執行して、オープンインタレストの大部分を独占することができます。

 こうして、買った分を行使して株に換え、うまくいけば売った分のいくつかが割り当てられずに残り、配当をかすめ取ることができるというわけです。

~ 略 ~

 1)通常、コールを行使し忘れるのは個人投資家です。配当スプレッドは言わば、プロがその立場を利用して本来保護されるべき個人投資家のミスに付けこんで利益を上げる取引だと言えます。

 2)バイライトのポジション(株のロングとコールのショート)を取っている人にとっては、マーケットメイカーが配当スプレッドを実行することでコールが割り当てられる確率が高まります。  つまり、本来は配当分の収益をあげられたかもしれないのに、マーケットメイカーが大量の配当スプレッドを実行してオープンインタレストを独占することで、その収益機会がぶんどられてしまうわけです。

~ 略 ~

狡い気もしますが、MMとして普段努力しているんだからそれぐらいさせてやるよ、と言う事でしょうか。低ボラ環境下であっても気楽なタダメシとはいかないワケですし。


引用箇所のコラムがweb上で読めるのでついでにご紹介。
【最終回】個人投資家のミスにつけ込むことへの批判と メリルリンチの失敗 | ダイヤモンド社書籍オンライン


ま、配当 (分配) 絡みの時は、行使忘れの買い方は兎も角、ITMの売りっぱな個人も準備万端でフリーランチかもしれないとgfgf言ってる機関も平等で、ミンナ揃って聖地 (OCC) に向かって跪きお祈りする以外に手がないという事ですな。


*OCC = Options Clearing Corporation (オプション決済機関)


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


8/02/2014

2014年7月末運用状況

いつもと同様、色付きの記載が動いたものです。


►Performance


►Long-term position

[Stocks]
  1. Lorillard (LO)
  2. Kinder Morgan (KMI)
  3. Johnson & Johnson (JNJ)
  4. Altria Group (MO) *div@0.48_drip
  5. Kimberly-Clark (KMB) *div@0.84_drip
  6. General Mills (GIS)
  7. Chevron (CVX)
  8. ConocoPhillips (COP)
  9. Unilever (UL)
  10. British American Tobacco (BTI)
  11. PepsiCo (PEP)
  12. TransCanada (TRP) *div@0.xxx (CAD@0.48)
  13. Statoil ASA (STO)
  14. PotashCorp (POT)
  15. Procter & Gamble (PG)
  16. Exxon Mobil (XOM)
  17. Shaw Communications (SJR) *div@0.084193_drip (CAD@0.0917)
  18. Coach (COH) *bought
  19. Wells Fargo (WFC)
  20. Mattel (MAT)

[ETFs]
  • Vanguard CRSP US Small Cap Value (VBR)
  • WisdomTree International Small Cap Dividend (DLS)


►Short-term position

[Options , Futures]
  • Index Options & Futures
    ※The main strategy is complex P/L line. (hide)

    VIX Sep.14'14 20 Call *bought
    VIX Sep.14'14 21 Call *bought
    VIX Sep.14'14 22 Call Long
    VIX Sep.14'14 23 Call *bought
    VIX Sep.14'14 24 Call *bought
    VIX Sep.14'14 25 Call Long
  • ETF Options
    NFLX Jan.17 '15 50 Put Long
    DXJ Jan.15 '16 39.38 Put Long

[Funds]
  • T&D 日本債券ベア (10311965) *bought



リスク採って損する簡単なお仕事w

巷ではインデックス運用で1.4億り人が祀られているというのに.....(周回遅れネタ)
リーマン大底のタイミングでVTとかに5,000万程ブチ込んだんでしょうか?どうやら違ってカウチポテト亜種みたいなので、年4.5%で回せたと期待して、積立というタイミング運用で年1,100万強投下×10年ぐらい?

勝手想定で1.1億のタネが1.4億か、、、普通やんwww なにより賞賛すべきは資金力しょうね。

------

話は戻って、しょぼい当方の事。

逆行の中身、長めデルタロングで張っている都合上、少しベガで助かっているが原資産下げで値洗い悪化 + 持ち株セクターの多くが下げ傾向での月末31日の押しであらら。

一応長期運用の株式・ETF分は、コーチ組入れ以外特に変わらず。31日のトランスカナダ配当は、カナダドル払いの手間か判りませんが口座にまだ反映していない状態なので不明。

短期はお盆もい近いことですし、月初・月中に得た収益の一部を前月に続き供物と云う名のVIXへ追加投入済み。今のところ真の狙いではないですが、31日にVIX指数16.95 , 9月物が15.50とモリ盛りっときたので概ね+100%以上になり唯プラス側に作用してくれています。

あとは、粛々と ドルコスト平均法 マーチンゲール法 テキトー買いの日本債券ベアは投下残キャッシュ60万弱まで進んで佳境。あれから思えば、ずいぶん遠くに来たもんだ。

------

ここのところ正直オプション・トレーディングに勤しむ以外はやることがないので書く事が....

株やETF・ファンドみたいな商品の事を語れればいいんですケド、こればかりはググれば呻るほどありますし。(個別にはコレ! ってネタも、Seeking Alphaで数日前に既にアップしてあったりですし)

ブログに則しながらも一寸違うマネーのお話、そう例えばDCお引越しネタとか、別腹運用なんか結構動いていますが、そんなどーでもいい事まで広げてアレヤコレヤ書いてしまうと、今以上に品を落としかねませんからヤメておきます。


と、いう事で備忘録というかボケ防止みたいなログが占めているんですよね。。。


さて8月。ただただ夏を満喫するだけです。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ