5/29/2014

2%の半分は2年縮まる

1年程前にどこかで書かれてあった内容の一年後。

相当うろ覚えですが、日銀の目標2%インフレを2年で云々。。。に対して、「いやそら無理やで、レートみたらマーケットは8年後で1%インフレ程度しか織り込んでへんしな」そんな感じ。

只でさえヘシ曲がった円債市場がモノサシとして正しくあるのか不明ですが、日銀の見通しと皆の予想は違うよ、という事だったかと。

そして現在、



黒田サン仰せの通りであれば、n年後の1年債がそれを表してもおかしくない筈。

普通のプラス金利下で、1年前は8年後期待インフレ率1%と記憶にあり。上表に誤りがなければ今は、2年前倒しの6年後に1%越え。来年みると4年後、再来年は2年後、明明後年は........まぁ、当面2%どころか1%の期待もないという事で。

何言ってんの?実質金利は負の領域で行くよ。と言われれば、そーでっかーとしか言えない話ですけどね。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


5/25/2014

愚者もたまには本を読む

普段立ち読み (買うほどの内容か確認→買わない) でお世話になっているので、勝手に恩を感じてその時が来ればネットではなく実店舗を利用。



書評は他に譲るとして、インベスターのオプション利用というのは数多あるデリバティブがメインの書籍でも珍しいと思います。

自分の場合オプションを使うというところは同じでも、「柔軟なノイズトレード」が現状の着地点。そんな投機思考でも視野狭窄にならないように、日頃から自分と違うタイプのブログをフォローしてインプットを心がけていますが、本書も同様。同じ物を異なる角度から理解させてくれる良書です。


余談。
本屋に行くといつもマネー雑誌の半端ナイ嵌め込み感に驚くんですが、ああいった物に載って「**に掲載されました」って見かけると、蛇心仏口とかそのヘビのサイズは如何ほど?とか思い浮かんだり、ゲスい自分でもそんな事書かへんで、と慄いたり。まぁ、毎度毎度の事ですけどね。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


5/24/2014

LDS-7 (virtual trade)

無茶苦茶ボラが低いですねぇ。

表番号取引日内容タイプストライク
プライス
満期日単価枚数 金額
2014.03.10買建コール942016.01.1528.1510-28,150 
売建1212014.04.101.351,350 
2014.04.10失効-- 
2014.04.15売建114.52014.05.020.8800 
2014.04.30買戻0.04-40 
2014.05.05売建1142014.05.230.81810 
2014.05.08買戻0.15-150 
買建852016.01.1526.51-2,650 
2014.05.12売建114.52014.05.300.7611836 
2014.05.15買戻0.07-77 
2014.05.23売建1130.45495 


前回、マンスリーに切り替えるかと書いときながらウイークリーにしました。プレミアムが示す (%の違いはTの取り方) 感じからガンマリスク負っても良さげと判断。

一方リアルトレードでは、VIXコールがそろそろな感じにも思えたりで支離滅裂。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


5/16/2014

LDS-6 (virtual trade)

売っては直ぐに買い戻す簡単なお仕事。

表番号取引日内容タイプストライク
プライス
満期日単価枚数 金額
2014.03.10買建コール942016.01.1528.1510-28,150 
売建1212014.04.101.351,350 
2014.04.10失効-- 
2014.04.15売建114.52014.05.020.8800 
2014.04.30買戻0.04-40 
2014.05.05売建1142014.05.230.81810 
2014.05.08買戻0.15-150 
買建852016.01.1526.51-2,650 
2014.05.12売建114.52014.05.300.7611836 
2014.05.15買戻0.07-77 


そろそろ本格的な下落相場になるんでしょうかね。だとすると、マンスリーのATM売り設定を主軸に切り替えた方が良さそうな気もする。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


5/14/2014

LDS-5 (virtual trade)

キーワードは114.5

表番号取引日内容タイプストライク
プライス
満期日単価枚数 金額
2014.03.10買建コール942016.01.1528.1510-28,150 
売建1212014.04.101.351,350 
2014.04.10失効-- 
2014.04.15売建114.52014.05.020.8800 
2014.04.30買戻0.04-40 
2014.05.05売建1142014.05.230.81810 
2014.05.08買戻0.15-150 
買建852016.01.1526.51-2,650 
2014.05.12売建114.52014.05.300.7611836 


つまらなく何の役にも立たないログとは思いますが、そこは自分用。

ついでにここまでで感じた事など。
ロングアーム用のLeaps (満期日が1年以上遠いオプション) の板には流動性の問題がありそうな気がするのですが、例えば日経ですと、近めで遠めの半年先は板に誰も居ない留守宅ばかりです。

一方のUS市場の代表指数物と連動ETFは、相場監視員 (マーケットメーカーやアルゴとも言う) の常勤率がほぼ完璧。取引しようと思えば、理論値付近にいる仲値より数セント~数10セント不利側に出すとまず売買可能です。無論、期近は言うに及ばず。

但しここにも注意が必要。それは、数枚~100枚程度をトレードするぐらいな資産クラスの投資家に限ります。1000枚単位とか無理っぽいので、資産家は大人ルートを使うが吉でしょうね。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


5/12/2014

LDS-4 (virtual trade)

あれから3日でバイバック、そして直ぐには売建てない。

表番号取引日内容タイプストライク
プライス
満期日単価枚数 金額
2014.03.10買建コール942016.01.1528.1510-28,150 
売建1212014.04.101.351,350 
2014.04.10失効-- 
2014.04.15売建114.52014.05.020.8800 
2014.04.30買戻0.04-40 
2014.05.05売建1142014.05.230.81810 
2014.05.08買戻0.15-150 
買建852016.01.1526.51-2,650 

プレミアムを集めて新たにDeepITMを1枚買建な設定。

正にぐるぐる短期の複利運用、プレミアムをLDSに再投下でズバ抜けエリート級のスピード昇給狙い。

そうこうしている内に、もうじきムックリ起き上がってくるセルインメイ様の癇癪ナイアガラで丸焦げ必至の欲豚ポジションとも言えます。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


5/11/2014

条件反射と運頼み

普段日本株をネガティブなイメージで捉えているような書き方をしていますが、それは日経やTOPIXと言ったごく一部の銘柄集中によって値を決めている、その寄与度が高い群れを対象に限った話です。

そういった考えもあり、ブログ上長期運用ポートフォリオの日本株へのアプローチは、その一部銘柄群の影響を概ね排除出来る商品、DLSを採用しています。

そして別腹で時々の投機に、先物・オプを使っている訳ですが、普通に現物ロング投資もその運用おしながきに入っています (今は無き大証銘柄や東証2部をボチボチとですが)


基本ゆるい持ち方 + 大概リリース済みで普段は気にも留めていないところ、相互リンクの冬葉さんのブログ配当金生活で保有銘柄の売却記事が出ていたり、もうひとつの方の決算短信みたりで久しぶりに確認。



*青色は現在保有、緑色は昨年末までにリリース済

お題の通りのいい加減な感じの低回転組み替えで。残存も国費無駄使い期待で兼松エンジとか、楽観・増税でナガホリとか自分ながら粗いなぁと思いつつ現在に至っています。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


5/08/2014

10%

対象企業が当面大丈夫として、その株券に魅力があるのか買う (またはホールドの) 価値が今あるのかどうかを様々な指標から判断をするわけですが、そのひとつRate of Returnをガサツに纏めると、

[RoR-1]  Income Before Tax Market Capitalization > CB Weighted Average Interest Rate

[RoR-2]  Income After Tax Market Capitalization > Tax Free Municipal Bond

符号が逆 (<) になるんなら、擬似債券としての株券より債券買った方が良いという事に。


ADRを含めてそれが妥当かは兎も角、CB Wtd Avg = 4.64%、 Tax Free Municipal Bond (10yr A Rate) = 3.1%として、保有分を見てみます。(以下データは若干古いかもしれません)


①RoR-1が10%を越えるとExcellentとか。JNJがやや厳しめで、石油メジャーと金融の値がいいですね。


ついでに思いついたアメ株やADRは、

予想通りFBやNFLXの様なホットストックが擬似債券にはならないと。セオリーの生みの親であるバフェット (BRK) と保有銘柄の多くがそれなりの値は当然か。


も一つついでに思いついた日本株は、

独裁 カリスマ性と勢いがウリのファストリ・ファナック・Nidecあたりのアグレッシブ・グロースの値が低い事、その反対にJTや7&i は想像通りで小松は意外。

毎度書いておきながら特に結論も無いですが、Rate of Return はここまでにして。



10%ならば良いよね繋がりで少し。YoC (Yield on Cost)は本来配当増加を見込んで算出するとの事ですが、そこの予想をひとまず脇に置いておくと、

[YoC]  Past 12 Mo Income Principal Amount ≧ 10% となりたいワケで。


例として自分のポートフォリオがどうなのかというと、
[Yield on Cost]

銘柄  YoC
1.アルトリア・グループ (MO) 8.00%
2.ロリラード (LO) 6.77%
3.WisdomTree Intl. SM-Div (DLS) 5.64%
4.キンバリー・クラーク (KMB) 5.29%
19.エクソン・モービル (XOM) 3.29%
20.ウェルズ・ファーゴ (WFC) 3.07%
21.Vanguard US SM-Value (VBR) 2.95%

現在アナウンスされている値と、ETF商品を対象とするのは如何なものかと思いながら過去履歴より算出しています。結果トータル (PEP増配など近々の分を考慮前) で4.59%、ETF抜きで4.67%でした。10%に辿り着くのはまだまだ先ですね。


ついでに使えそうなサイト: Dividend Ladder.com | Dividend Calculator


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


5/07/2014

LDS-3 (virtual trade)

前回の思惑は外れ、プレミアムを無駄に削った形で売建と相成り。

表番号取引日内容タイプストライク
プライス
満期日単価枚数 金額
2014.03.10買建コール942016.01.1528.1510-28,150 
売建1212014.04.101.351,350 
2014.04.10失効-- 
2014.04.15売建114.52014.05.020.8800 
2014.04.30買戻0.04-40 
2014.05.05売建1142014.05.230.81810 

「待つ者にこそ幸いあれ」とはいきませんでしたね。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


5/02/2014

2014年4月末運用状況

いつもと同様、色付きの記載が動いたものです。


►Performance



►Long-term position

[Stocks]
  1. Lorillard (LO)
  2. Kimberly-Clark (KMB) *div@0.84_drip
  3. Johnson & Johnson (JNJ)
  4. General Mills (GIS)
  5. Altria Group (MO) *div@0.48_drip
  6. Kinder Morgan (KMI) *bought
  7. Unilever (UL)
  8. Chevron (CVX)
  9. British American Tobacco (BTI)
  10. Statoil ASA (STO)
  11. PepsiCo (PEP)
  12. Procter & Gamble (PG)
  13. ConocoPhillips (COP)
  14. PotashCorp (POT)
  15. TransCanada (TRP) *div (@0.436945? CAD@0.48)
  16. Exxon Mobil (XOM)
  17. Mattel (MAT)
  18. Shaw Communications (SJR) *div@0.083475_drip (CAD@0.0917)
  19. Wells Fargo (WFC)

    Coca Cola (KO) *sold *div@0.305
    Walmart (WMT) *sold *div@0.48
    AstraZeneca (AZN) *sold

[ETFs]
  • Vanguard CRSP US Small Cap Value (VBR)
  • WisdomTree International Small Cap Dividend (DLS)


►Short-term position

[Options]
  • Cash Settle
    None
  • Physical Settle (Single)
    NFLX Jan.17 '15 50 Put Long
    EEM Jan.15 '16 55 Put *bought

[Funds]
  • T&D 日本債券ベア (10311965) *bought



現物はAZNの利確、KMIの組入れがありました。短期はEEMのロング・プットをホールドしています。

運用を放ったらかして、構築している戦略もようやく試験段階。汎用性もあり、下品さ (高ボラティリティ) を収益の源泉にする戦略なので、ペラっペラなグローバル・インデックスの 日経で別腹試し打ちを準備中。修正入れつつ上手く行けば、本運用のUS口座に横展開するつもりです。

何か最近、アイデアを形にする方が楽しくて本末転倒な感じもしなくない。。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


5/01/2014

LDS-2 (virtual trade)

前回からの続きです。

表番号取引日内容タイプストライク
プライス
満期日単価枚数 金額
2014.03.10買建コール942016.01.1528.1510-28,150 
売建1212014.04.101.351,350 
2014.04.10失効-- 
2014.04.15売建114.52014.05.020.8800 
2014.04.30買戻0.04-40 

寄り付きのチョロ下げで買戻し、イエレン女史 + 金曜待ちという設定。原資産の要素に加えIVが纏わりついている以上、心理戦の要素は考慮したいなぁ、そんな方針です。Evidenceに反しているかもですがww


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ