2/24/2014

Option Trade (Third week of Feb)

ガンマロングの日々.....


 Russell 2000 Index (RUT)


|
Open
[ RUT ]
Close

%chg
|
Open
[ BXR ]
Close

%chg
| My position
%chg
Jan.2014 | 1,163.62 1,130.88 -2.90% | 200.91 197.2 -1.88% | -5.16%


Note Date CP δ γ κ θ P/L ML
ADJ. Feb.03 1,094.58 0.1479 -0.0027 1.3737 0.6124 -4.76% 0%
- Feb.04 1,102.84 0.1031 -0.0042 1.3639 0.7810 -4.14% 0%
ADJ. Feb.05 1,093.59 0.2056 -0.0104 2.6669 1.1671 -3.77% 0%
- Feb.06 1,103.93 0.1362 -0.0116 2.9072 0.8761 -3.72% 0%
- Feb.07 1,116.55 -0.1747 -0.0182 2.9865 1.9070 -3.90% 0%
- Feb.10 1,118.73 -0.2792 -0.0229 3.0994 2.2115 -3.35% 0%
ADJ. Feb.11 1,129.16 -1.0125 0.0140 3.9995 -0.9891 -4.50% 0%
ADJ. Feb.12 1,132.54 -0.3842 0.0594 2.9665 -7.1376 -6.25% 0%
ADJ. Feb.13 1,147.79 -0.5361* 0.0035* 2.4876* -0.2466* -6.56% 0%
- Feb.14 1,149.21 -0.5387 0.0050 2.4512 -0.1466 -7.45% 0%
ADJ. Feb.18 1,161.48 -0.5779 0.0148 0.6772 -0.7277 -11.58% 7.44%
ADJ. Feb.19 1,149.07 -0.1812 0.0349 0.6137 -3.5507 -9.01% 7.27%
ADJ. Feb.20 1,162.12 -0.7670 0.0151 1.3678 -1.2567 -9.29% 14.57%
ADJ. Feb.21 1,164.63 -0.9366 0.0040 1.0008 -0.5104 -8.55% 18.09%
  • * = Settlement waiting exclusion


  • Performance

  • BXR = CBOE Russell 2000 BuyWrite Index
  • My position is shown as below.


  • Beginning position
  • Adjustment
Short Feb.06 1190C Feb.03 STC Feb.06 1180C
Feb.13 1110P BTC Feb.06 1190C
Feb.20 1175C STC Feb.06 1200C
Long Feb.06 1180C BTC Feb.20 1175C
Feb.06 1200C Feb.05 STO Feb.20 1115C
Feb.13 1180C STO Feb.20 1075P
Feb.13 1210C BTO Mar.20 1115C
Feb.13 1230C BTO Mar.20 1075P
Feb.20 1215C Feb.11 STC Feb.13 1180C
Feb.20 1230C BTC Feb.13 1110P
Mar.06 1110P BTC Feb.20 1075P
Feb.12 BTO Feb.13 1130P
BTO Feb.13 1130C
STO Feb.27 1100P
Feb.13 STC Feb.13 1130P
STC Feb.13 1130C
EXP Feb.13 1210C
EXP Feb.13 1230C
STC Feb.20 1215C
STC Feb.20 1230C
Feb.18 BTC Feb.20 1115C
BTC Feb.27 1100P
BTO Feb.27 1130P
STC Mar.06 1110P
STO Mar.06 1170C
BTO Mar.06 1180C
STC Mar.20 1075P
STC Mar.20 1115C
Feb.19 BTO Feb.20 1155C
STO Feb.27 1120P
Feb.20 STC Feb.20 1155C
STO Feb.27 1170C
BTO Feb.27 1190C
BTO Feb.27 1110P
BTO Mar.20 1100P
Feb.21 BTO Feb.27 1180C
STC Feb.27 1180C
STC Feb.27 1190C (Half)
STO Mar.06 1170C
BTO Mar.13 1180C


  • Note
17 (Mon)
休場。

18 (Tue)
カバードの癖が事態の悪化に繋がり、仕切り直しが必要と判断。そう思うところが天井臭いが、兎に角リセットする。ただ方向は未だ変わっていないので、ガンマロングは維持。

19 (Wed)
引けでOTMプット売り、期近NTM (Near The Money) のコール買いで、目先念の為、上方リスク変動への備え。簡単に言うと、地味な動きはカンベンという方向。

20 (Thu)
引けで昨日仕掛けたNTMコールを手仕舞い。期近NTMコール売り外買いを追加、OTMプット買いも期近・期先に補給。

21 (Fri)
再びIV低下。特にアイデアが浮かぶ状況でもないなので、このスタンスのまま細かく回復を狙いたいところ。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Subscribe with livedoor Readerにほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


2/23/2014

TransCanada 新規組入れ

更に先日の続き、資源系補給-2です。(で、当面は終わり

Sector Industry Ticker
 Basic Materials  Agricultural Inputs POT - - -
 Cons Discretionary  Communication Services SJR - - -
 Cons Staples  Beverages - Soft Drinks KO - - -
 Cigarettes BTI MO LO -
 Discount Stores WMT - - -
 Leisure Goods MAT - - -
 Personal Products PG KMB - -
 Processed & Packaged Goods PEP UL GIS -
 Energy  Major Integrated Oil & Gas XOM CVX STO COP
 Oil & Gas Midstream TRP - - -
 Financial  Money Center Banks WFC - - -
 Healthcare  Drug Manufacturers - Major JNJ AZN - -


期待はするがアテにはならないと思う、アストラゼネカから投資元本分のみ引上げてBet。

トランスカナダはエネルギーインフラ企業で、ガス・石油のパイプラインと電力関係。変ではないけど、Finviz.comのヒートマップはGas Utilitiesに分類されていたり。


見掛けは増配ペースしれていますし、Payout Ratioはギリ。ついでにココロ美しき人々から、このクソ汚濁野郎と石を投げられそうな扱いとホットな話題に事欠かず。と、くればホラ、いつ買(ry

これで暫くポートフォリオを弄る必要がないと思います、タブン。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Subscribe with livedoor Readerにほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


2/22/2014

ConocoPhillips 新規組入れ

先日の続き、資源系補給-1です。

Sector Industry Ticker
 Basic Materials  Agricultural Inputs POT - - -
 Cons Discretionary  Communication Services SJR - - -
 Cons Staples  Beverages - Soft Drinks KO - - -
 Cigarettes BTI MO LO -
 Discount Stores WMT - - -
 Leisure Goods MAT - - -
 Personal Products PG KMB - -
 Processed & Packaged Goods PEP UL GIS -
 Energy  Major Integrated Oil & Gas XOM CVX STO COP
 Financial  Money Center Banks WFC - - -
 Healthcare  Drug Manufacturers - Major JNJ AZN - -


少しBuffett portfolioに似てきているのは気のせいでしょうか......


このエントリーをはてなブックマークに追加 Subscribe with livedoor Readerにほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


2/21/2014

The Coca-Cola Company 新規組入れ

先日の続き。

プレ・マーケットでRDS.Bをリリースしたので返す刀、即日アフターマーケットでKOにBet。

Sector Industry Ticker
 Basic Materials  Agricultural Inputs POT - -
 Consumer Discretionary  Communication Services SJR - -
 Consumer Staples  Beverages - Soft Drinks KO - -
 Cigarettes BTI MO LO
 Discount Stores WMT - -
 Leisure Goods MAT - -
 Personal Products PG KMB -
 Processed & Packaged Goods PEP UL GIS
 Energy  Major Integrated Oil & Gas XOM CVX STO
 Financial  Money Center Banks WFC - -
 Healthcare  Drug Manufacturers - Major JNJ AZN -


(非常にクダラナイ理由含め) ずっと避けていたアメ株でのディフェンシブ・グロース3巨頭のKO,MCD,PM、白地にポキポキと折れてきたので。。。

とはいえ今、激安特価と決して思えませんが何故に?まぁ、特に買いにくい銘柄の場合、毎度判断はノリ、いつもそんな感じですww

減らした資源株をフォローしないのかについては次回。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Subscribe with livedoor Readerにほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


2/20/2014

ロイヤル・ダッチ・シェルを売却

全くこの男の云う事は信用なりませんw

RDS.B、Pre-Market指値で売却。(画像はクローズ)


再び保有する機会があれば、ADRでは無くLSEで買おうと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Subscribe with livedoor Readerにほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


2/17/2014

Option Trade (Second week of Feb)

依然、unfavor一直線。


 Russell 2000 Index (RUT)


|
Open
[ RUT ]
Close

%chg
|
Open
[ BXR ]
Close

%chg
| My position
%chg
Jan.2014 | 1,163.62 1,130.88 -2.90% | 200.91 197.2 -1.88% | -5.16%


Note Date CP δ γ κ θ P/L ML
ADJ. Feb.03 1,094.58 0.1479 -0.0027 1.3737 0.6124 -4.76% 0%
- Feb.04 1,102.84 0.1031 -0.0042 1.3639 0.7810 -4.14% 0%
ADJ. Feb.05 1,093.59 0.2056 -0.0104 2.6669 1.1671 -3.77% 0%
- Feb.06 1,103.93 0.1362 -0.0116 2.9072 0.8761 -3.72% 0%
- Feb.07 1,116.55 -0.1747 -0.0182 2.9865 1.9070 -3.90% 0%
- Feb.10 1,118.73 -0.2792 -0.0229 3.0994 2.2115 -3.35% 0%
ADJ. Feb.11 1,129.16 -1.0125 0.0140 3.9995 -0.9891 -4.50% 0%
ADJ. Feb.12 1,132.54 -0.3842 0.0594 2.9665 -7.1376 -6.25% 0%
ADJ. Feb.13 1,147.79 -0.5361* 0.0035* 2.4876* -0.2466* -6.56% 0%
- Feb.14 1,149.21 -0.5387 0.0050 2.4512 -0.1466 -7.45% 0%
  • * = Settlement waiting exclusion


  • Performance

  • BXR = CBOE Russell 2000 BuyWrite Index
  • My position is shown as below.


  • Beginning position
  • Adjustment
Short Feb.06 1190C Feb.03 STC Feb.06 1180C
Feb.13 1110P BTC Feb.06 1190C
Feb.20 1175C STC Feb.06 1200C
Long Feb.06 1180C BTC Feb.20 1175C
Feb.06 1200C Feb.05 STO Feb.20 1115C
Feb.13 1180C STO Feb.20 1075P
Feb.13 1210C BTO Mar.20 1115C
Feb.13 1230C BTO Mar.20 1075P
Feb.20 1215C Feb.11 STC Feb.13 1180C
Feb.20 1230C BTC Feb.13 1110P
Mar.06 1110P BTC Feb.20 1075P
Feb.12 BTO Feb.13 1130P
BTO Feb.13 1130C
STO Feb.27 1100P
Feb.13 STC Feb.13 1130P
STC Feb.13 1130C
EXP Feb.13 1210C
EXP Feb.13 1230C
STC Feb.22 1215C
STC Feb.22 1230C


  • Note
10 (Mon)
寄り引けチラ見で動かず。

11 (Tue)
イエレン議長の議会証言で一気に楽観ムード?リサイクルするかは決めかねているものの、引けで期先買いを残しプット売りと、消滅寸前の期近屑コール買いを一部手仕舞い。

12 (Wed)
現値よりどちらかに動くと踏んで、引けでヘッジ玉より下のプット売りを糧に、期近でロング・ストラドル。

13 (Thu)
引け前にロング・ストラドル、屑コール手仕舞い。現値からそこそこ動き、昨日の思惑は上手くいったが、ネットで苦しい展開は変わらず。といっても、セータをロングする感じでは無いと思っているので様子見。

14 (Fri)
方向性に変わりないので様子見。

第3週初は休場なので、修正の必要性を含めボチボチと戦略を練るつもり。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Subscribe with livedoor Readerにほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


2/16/2014

売却? or 保留?

似て非なる配当株投資と割安株投資。

ベストは、配当株を割安と思える水準で買って、配当金再投資で積み増ししながらゆっくりとフェアバリューに。その後、Eの上昇を享受しながら、定期的に起こるβが溶ける時に買い増し。

まぁ、そんなに上手く進みませんけどね。


その逆、あまりヨロシクない事は、
  1. 割安のつもりがクソ株化
  2. 利益成長以上に買い上げられる


1.は即処分として、2.は着眼点で感じ方が違います。割安株投資は割高まで買い上げられれば成功、売却で完了。

一方、配当株投資では、可能な限り長い期間妥当な (何が妥当かはアレですが) 水準で推移し、受取即再投資で保有数を増やす。時が来ればDRiP解除し受取りに切り替えるか、割安株投資の様な出口戦略になるのですが、2.は当面回避したいところ。


と来て、妙に買われていて気になるセクターの状況。

[ 製薬 ]


[ 資源 ]


直ぐどうこうではないのですが、今日は時間も取れたし、保有分で懸念されるアストラゼネカとシェルの資料を読んでおこうと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Subscribe with livedoor Readerにほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


2/11/2014

そして、リスク・パリティからリスクに漂着し、いつもの横道

前回に続いて。


散策していると良い絵があったので。(引用:Wall Street Journal)
本文は否定的。ま、資産に超余裕があり5mil出せる人はAQRIX、1milはAQRNXファンドでリスク・パリティ運用が可能です。銀行みたいに低金利で調達し、長期債をレバ掛けすれば簡単に出来そうですが、個人で複製は無理ですねぇ。と、いいつつヤル気もないですが。。。



ここで話し変わって債券の事。世界最強の債券で無双の金利水準、ソの名はJGB。

[ Short Put = Long JGB ] [ Long Put = Short JGB ]
(図の引用:Nassim N Taleb | Antifragility, Robustness, and Fragility inside the "Black Swan Domain"より)
※但し、引用元の内容と、今回の内容は直接関係はありません。

あるところまでBoJの裏技で抑制されていますが、フワっとどこかで元サヤ。こういうイメージなんですよね。きな臭い話の前、正常化で。

そういう意味、10y物が4%でおかしく無いと思う場合の行動はおのずと決まる。ただそうすると、日銀の目標デュレーションが7くらいなので、色々問題が噴出する事になる訳ですが。


一方、個人がファンドを通じずに買う場合は、個人向けうんにゃら国債がメインになります。もとい、なるようです。機関垂涎の仕組みで提供されていて滅茶苦茶お得、皆が大好き安心安全、政府による元本保証付きです。


そこで、チョット思いついた面白い戦略。

その優位性、デフォルト無しを逆手にとれば、リスクは金利変動のみとなります。用意されている変動10は常時劣後追随する損品なので×、最小金利0.05%にヘッジが有りますがここでは役に立たず用無しです。


その戦略は、
  1. 個人向け固定金利の長いほうを買う
    = 金利が騰がると負けで下がると勝ち

  2. 見込み利金で債券ショート
    = 金利が下がると負けで騰がると勝ち

ほら何となくヘッジ付きブルシンセとか、ロング・ストラドル的な香り。ショートの減価をその後の利金でカバーすると、固定5年物の4年勝負でmaximum loss = 0となり、どうも負けない気がするんですよねぇ....


このエントリーをはてなブックマークに追加 Subscribe with livedoor Readerにほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


2/10/2014

Option Trade (First week of Feb)

模様眺めの週でした。


 Russell 2000 Index (RUT)


|
Open
[ RUT ]
Close

%chg
|
Open
[ BXR ]
Close

%chg
| My position
%chg
Jan.2014 | 1,163.62 1,130.88 -2.90% | 200.91 197.2 -1.88% | -5.16%


Note Date CP δ γ κ θ P/L ML
ADJ. Feb.03 1,094.58 0.1479 -0.0027 1.3737 0.6124 -4.76% 0%
- Feb.04 1,102.84 0.1031 -0.0042 1.3639 0.7810 -4.14% 0%
ADJ. Feb.05 1,093.59 0.2056 -0.0104 2.6669 1.1671 -3.77% 0%
- Feb.06 1,103.93 0.1362 -0.0116 2.9072 0.8761 -3.72% 0%
- Feb.07 1,116.55 -0.1747 -0.0182 2.9865 1.9070 -3.90% 0%
  • * = Settlement waiting exclusion


  • Performance

  • BXR = CBOE Russell 2000 BuyWrite Index
  • My position is shown as below.


  • Beginning position
  • Adjustment
Short Feb.06 1190C Feb.03 STC Feb.06 1180C
Feb.13 1110P BTC Feb.06 1190C
Feb.20 1175C STC Feb.06 1200C
Long Feb.06 1180C BTC Feb.20 1175C
Feb.06 1200C Feb.05 STO Feb.20 1115C
Feb.13 1180C STO Feb.20 1075P
Feb.13 1210C BTO Mar.20 1115C
Feb.13 1230C BTO Mar.20 1075P
Feb.20 1215C
Feb.20 1230C
Mar.06 1110P


  • Note
03 (Mon)
期近屑玉とコール売り処分。一度原資産とは異なる平穏推移に持ち込みつつ、コール側の仕掛け時期を待つ事に。

04 (Tue)
寄り引けチラ見だけで動かず。

05 (Wed)
暫くはIVが現状付近で、γが1θの範囲内に留まる揉み合い相場を想定し、ダブル・カレンダーを組成。

06 (Thu)
引けチラ見だけで動かず。

07 (Fri)
寄り引けチラ見だけで動かず。雇用統計からボラ剥げを喰うが範囲内。次は12・13日辺りの結果と、月末の債務上限引き上げ問題に移行。さて、どうポジ調整を進めるか?そこが2週目思案の為所。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Subscribe with livedoor Readerにほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


2/08/2014

プット・コール・パリティからリスク・パリティ、そしてリスコンに流れついてナニコレ

出勤しても静かな環境になる土曜日。遅めの昼食がてらどうでもいいログ、古いネタを穿る。大体、長いタイトルの時は一段とロクでない内容ですw


御題のプット・コール・パリティはオプネタなので割愛し、リスク・パリティに移って暫し散策

Wikiの図から、株式・債券の2資産でレバレッジを掛けない場合、概ね株式14.3 : 債券85.7で基から6割弱サイズダウン版のリスク・パリティ・ポートフォリオとなるのかな?今一つ判っていませんが、また暇な時にでも調べてみよう。


して本題、今日一番目を惹いたのが、ETFでありながら「愛称:NISA向けリスコン5(10)」

リスコン?ケンとメリーみたいな?(注:生まれてません

 - 引用 -

 東証:リスクコントロール指標

  ~ 前略 ~

  • ダウンサイドリスクを抑えた長期投資

    TOPIXリスクコントロール指数は、過去データに基づくテストにおいてボラティリティが一定 範囲に抑制され、ダウンサイドリスクが低減されたことを実証しております。

    特に長期的な低リスク投資を目指す投資をサポートするベンチマークとなることを期待して おります。

  ~ 以下略 ~


なるほどなるほど。




何コノ横一列。

「ダウン・サイド・リスクはバッチリ抑えました。ついでにアップ・サイドも抑えときました」ですな。

というのか、仮に修正単純平均型 (N225) と時価総額加重型 (TOPIX) が長期でどっこいどっこいとすれば、リスクコントロールを考える以前、wrong choiceに他ならず問題なのは対象であって、発想そのものはアリだと思います。

まぁ、外部要因でガチャガチャ動くおもちゃに張る場合、提灯記事が踊り出す猿相場まで寝ていて、値嵩や高βのディープ・シクリカル銘柄に少々乗り遅れでも乗っかる。そして出口の利確を大きく誤らずに現金化して外野観戦。

それをヒタスラ機械的に実行すると、信託報酬払ってまでリスコン商品をわざわざ買ったり、絶対視されている長期B&H (下落時は塩漬け + 人によっては無限ナンピン、上昇時は高値追い銭)を初志貫徹するより、低リスク・高リターンになりそうな気もするのですが。。。。


戻って、「愛称:NISA向けリスコン5(10)」

そもNISAって物は、投資初心者(←嵌め込み表現っぽくてキライです) は消防署効果に引き寄せられ財布行き。一方、玄人衆はハイ・リターンを夢見て即効全ツッパが制度の肝なんではないのでしょうか。

そこに来てのリスコン、ニーズありますん?これが今日一番理解出来ていません。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Subscribe with livedoor Readerにほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ