12/28/2013

市場丸ごとポートフォリオの内訳

今年は人並みの休暇が確保出来やれやれです。

大掃除は翌日にまわし、データ整理などどうでもイイ事から始めているのですが、2009年あたりに考えていた運用の妄想メモwwを発見したので、今はどうなんだろう?と、思い立った暇潰しです。

------

需給によるアゲサゲを簡単に享受したい場合、市場丸ごと抱える手法が推奨されています。例えば米国の場合、Russell 3000であったりトータル・マーケット物を1本で済ませるというのが凡庸。

散見する推奨商品ではバンガードのVTIとなるわけですが、そのVTIはその他の市場平均物と同様に超大型・大型株で75%以上。Morningstarの通りのマーケットキャップ配分を、時価総額毎に分解したバンガードの商品を使ってバックテストしてみると、



ピタリ一致。VTI = MGC + VV + VO + VB です。(現在のベンチマークはMSCIではなくCRSPです)


VTIが本当に個人の運用で理想的なのかはサテオキ、個人でマーケットキャップの偏りを是正したいとか、どの本 (タブンLarry E. Swedroeだと思う) だったか忘れてしまいましたが、平均とは大型成長株に大きく傾けた歪な指数なので、そういった連動商品のみで運用を完結する事は望ましくない。とか何とかありましたし、当時は色々と思案した覚えがあります。

故に現在の自分は妄想が昇華し、商品を使った運用は小型割安のみで片張りなワケなんですけど。

そしてそのマーケット・ポートフォリオがデカイモノに偏っている事はお猿さんでも判るわけですが、成長株偏重なのかはコレでは見えません。物はついでに調べてみると、リスク・リターンのつり合いから下の様な配分になります。

  1. MGC (超大型株ブレンド)

    MGK(成長株)48%
    MGV(割安株)52%


  2. VV (大型株ブレンド)

    VUG(成長株)63%
    VTV(割安株)37%


  3. VO (中型株ブレンド)

    VOT(成長株)100%
    VOE(割安株)0%


  4. VB (小型株ブレンド)

    VBK(成長株)68%
    VBR(割安株)32%

超大型は成長・割安のバランスが取れた概ね半々、大型以下が歪です。中型に至っては割安株の出番は一切ありません。市場丸ごとポートフォリオは教科書通り成長株に依存している事は確かのようです。だからどうした、歪だろうが安易で安価で儲かれば何でもいいんじゃない?となり、オチは特にありませんが。

------

と、つまらない事を書いている内に飯の仕込み時間が来たのでここら辺で。運用で年内書く事もありませんし、2013年は丁度110本目でブログ納めですね。

それでは良いお年を。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

12/21/2013

残キャッシュの向け先

よくわからないオプションの備忘録に続いて買ったらかしw 運用の備忘録。

ちまた、"海外口座を使う際のリスクが表面化した一例だ" などなど言われた、Firstrade新規開設不可のニュースがありました。(現時点、Apex clearing執行方針によりとの情報なので、""氏の様なお上?説ではなく、既存は影響なし)

自分は折角の機会と、愚図愚図と放っていた件に着手し、やっとInteractive Brokersに短期運用は切り分け。移管はホント楽チンでした。


さて本題。その資産移動で残った (残した) キャッシュの向け先。

趣味的投資で1銘柄増やすか?ただ、生活必需品に多くを配しているので、BTI、PMなど煙草銘柄やRBGLY、CLXの日用品・NSRGY、BUDの飲食も今必要に感じません。煙草以外は、そも高いし。

資源系もオイルメジャー4つで十分、パイプラインも高過ぎの印象。BBLやVALEなど鉱業は振れ幅デカ過ぎです。タイミング次第でありかもしれませんが、今は無いです。

ヘルスケアはLLYがよさげに感じますが、素人的にAZNがあるから微妙。もう少しお安く買えるのであればBAXか。その他、医療機器系は完全に期を逃がしてます。


アレコレ考えるのは楽しいですが、当分買い場ではないでしょうね。
するとインデックス、上場投機信託 (ETF) の出番か。



自分がポジション建てた時期からにしていますが、綺麗に別れていますね。
実際は、調整があった時に買い増し + Drip のナンピンで、
  • VBR 52.64%
  • DLS 42.41%
  • DGS 0.68%

となっています。

来年新興国がアカン子になるんだったら、腐臭漂う頃合いでナンピンするべくキャッシュで待機しておくのが良いかもしれない。


果たして、それはDGSで良いのか?

と、思い立ったので久しぶりにETF Databaseを確認してみるも、クローズの可能性が低く複数新興国物でDGSより魅力のある商品........やっぱり無いな。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

12/20/2013

実験終了 (Double Calendar Spread)

無事 (シミュなのでブジもクソもないですがw) 終了


  • Russell 2000 / DCS

    [ Dec.19'13 - Jan.16'14 / C1135 , P1105 ]
Date indices D G V T PL
Dec.03 1,123.78 -1 -2 385 98 -333 Opened
Dec.04 1,121.38 2 -2 392 106 -288
Dec.05 1,122.47 -2 -2 400 130 132
Dec.06 1,131.38 -23 -3 418 151 249
Dec.09 1,129.46 -22 -3 447 152 207
Dec.10 1,119.69 4 -2 452 191 102
Dec.11 1,101.50 49 -2 458 189 -348
Dec.12 1,103.27 52 -2 478 199 -194
Dec.13 1,107.05 42 -3 492 278 165
Dec.16 1,119.85 11 -4 554 617 1182
Dec.17 1,118.91 13 -4 585 905 1287
Dec.18 1,133.72 -60 -6 627 1073 -228 Bernanke said
Dec.19 1,125.94 5 -5 703 19151 1317 Closed


結果、原資産のネ動きは両SPを跨ぎながらも、建て始めから僅か2.16ポイントの上昇と、往って来い相場。

低IV時のタイムディケイ獲りDCSの結果は、想定通りの動きでナカナカ。コレ単独では最適解とは言えないですが、睡眠優先で、寄りと引けしか見ないルーズな兼業には使える戦略の柱の一つになりそうです。

無論、大体の相場観スラ毎回外す曲がり屋な人や、御予算内 (建て時のデビット) 損失を許容出来なければ柱にはなりませんが。

今回都合良くFOMC定例会合声明もあり、最後2日での期先IV剥げを観察出来た事は大きいですね。あと期近のガンマ (セータ) の振る舞いなども観察しがいがありました。ここには記録していませんが、年内に他の組合せやWeekly物など順次手仕舞いし総括。


あとは走りながら考える、いつものやっつけで実弾の配備に入ります。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

12/14/2013

経過観察 (Second week of Dec)


  • Russell 2000 / DCS

    [ Dec.19'13 - Jan.16'14 / C1135 , P1105 ]
Date indices D G V T PL
Dec.03 1,123.78 -1 -2 385 98 -333
Dec.04 1,121.38 2 -2 392 106 -288
Dec.05 1,122.47 -2 -2 400 130 132
Dec.06 1,131.38 -23 -3 418 151 249
Dec.09 1,129.46 -22 -3 447 152 207
Dec.10 1,119.69 4 -2 452 191 102
Dec.11 1,101.50 49 -2 458 189 -348
Dec.12 1,103.27 52 -2 478 199 -194
Dec.13 1,107.05 42 -3 492 278 165

まぁ、これだけでなくダイアゴナル枚数調整のポジションや、Lバタなど複数の戦略を観察しているのですが、シンプルなDCSが低IV→移行期 (またはヨコヨコ) で主戦略として適しているのか?半放置系を目指す自分にはここが興味の対象なので。

来週は時間の強風が吹くので、どう寄与するのか見物ですね。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

12/09/2013

経過観察 (First week of Dec)

代表的な株価指数を利用するのに、
  1. ベンチマークとして見る
  2. トレースする商品に張る
  3. トレードに使う

ぱっと思いつくだけでもこれくらいありますが、
1.は機関や独自手法の個人、2.は賢明な投資?家、3.が投機家。その違和感は兎も角。


そして狙いは、
1.は判断に、2.は長期、3.が短期での儲けでしょうか。


1.はそのままですね。リスクやリターンの観察に。

2.は、これに金入れてればおk。といったガラパゴス化啓蒙活動はまぁ良いとして、求めている事は過去が記した様なリターンの実現。その源泉「資本主義経済の長期的ハッテン」らしい。リスクには、超長期チャートを眺めてやり過ごす等、受動的な態度がキモの様です。



最後の3.はその正反対。

その源泉は短期も仮に長期でも、寝ても醒めても纏わり付いてるリスクその物です。そしてそのリスクの収益化を企てたり、一部を封じる能動的な態度がトレード。なので、今日もリスクに関わるべくログ。
  • Russell 2000 / DCS

    [ Dec.19'13 - Jan.16'14 / C1135 , P1105 ]
Date indices D G V T PL
Dec.03 1,123.78 -1 -2 385 98 -333
Dec.04 1,121.38 2 -2 392 106 -288
Dec.05 1,122.47 -2 -2 400 130 132
Dec.06 1,131.38 -23 -3 418 151 249

んあ?吸い込んでるこのデータ何かオカシイ.......


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

12/04/2013

原資産と柱

(とりわけ不評な) オプネタ備忘録。

というわけで、色々と指数やら銘柄やら対象になりそうな原資産を片っ端から調べているんですが、大前提の外せない条件として、

  • 期先も流動性あり
  • ヨーロピアン・タイプか、アメリカンは無配当

でサーチしての結果、過去 (ETFのIWM) の相性と根拠なき嗜好で、元の鞘に戻ってRussell 2000指数が一番しっくりきそうな気になっています。


※根拠なき嗜好 = KOよりPEPとか、KよりGISとか、GSKよりAZNとか


Russell 2000買い持ちのリスク / リターンがS&P500、とくれば無論Dow30に劣っている。その事については全く問題ないと今は考えています。

そのRUT、振る舞いの下品さは我が日経平均軍に負けるものの、まずまずの過敏さんです。逆に、来るべきカタストロフィまで安定して見えるSPやダウは、自分にはチト難易度高い気がします。

メインは良しでその柱として、ダイナミックヘッジなどはハナから無理。そして、オートメーションは相当時間掛るので今のところ戦力外の3軍です。そうなると、ガンマ(デルタ) はフラット近辺、セータ微+、ベガ+で、寝ている内に死なないポジションを主軸に。と、自分なりに暫定の解が出ています。

そこから仮想マネーで建てているポジションは、

■ Dec.04 , 06:00 (JST)
         
Type Symbol Price Last IV D G V T
Short .RUT131219P01105000 8.66 9.5 18.2 99 -3 -254 144
Short .RUT131219C01135000 9.29 8.7 14.9 -111 -3 -266 125
Long .RUT140116P01105000 19.44 19.65 17.8 -117 2 447 -89
Long .RUT140116C01135000 19.37 18.3 15.7 128 2 458 -82
          -1 -2 385 98

言うならばDouble Calendar Spread ですね。略してDCSとでも呼びましょうか。
仮想にも係らず、性格に似て控えめな枚数にww ここからボラドロップ喰らうと少し痛いところですね。

現在の様な状況はDCSを基本にしながら、ゼロコストバックや相場観での枚数調整を実験に加えていきます。高IV相場はその時学習するとして、年始に向けて少しずつ戦略を立てていく所存。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

12/03/2013

2013年11月末運用状況

何とも天井臭半端ない(11月末の時点) それより何より冬時間が辛い今日この頃です。。

いつもと同様、色付きの記載が動いたものです。


►Performance



►Long-term position

[Stocks]
  1. Kimberly-Clark (KMB)
  2. Johnson & Johnson (JNJ)
  3. Altria Group (MO)
  4. AstraZeneca (AZN)
  5. Procter & Gamble (PG)*div@0.6015_drip
  6. Lorillard (LO)
  7. PepsiCo (PEP)
  8. General Mills (GIS)*div@0.38_drip
  9. Unilever (UL)
  10. Chevron (CVX)
  11. Exxon Mobil (XOM)
  12. Walmart (WMT)
  13. Royal Dutch Shell (RDS.B)
  14. PotashCorp (POT)*div@0.35_drip
  15. Statoil ASA (STO)

[ETFs]
  • Vanguard CRSP US Small Cap Value (VBR)
  • WisdomTree International Small Cap Dividend (DLS)
  • WisdomTree Emerging Markets Small Cap Dividend (DGS)


►Short-term position

[Options]
  • Short
    UNGNov.22 '13 P18.5*BTC
  • Long
    UNGNov.22 '13 C18.5*STC
    UNGNov.29 '13 C17.5*BTO , STC
    UNGDec.06 '13 C17.5*BTO , STC
    EWYJan.18 '14 P40
    FXIJan.18 '14 P20
    NFLXJan.17 '15 P50

[Funds]
  • MHAM MMF (08811925) *sold
  • T&D 日本債券ベア (10311965) *bought




LT:
特に無し、平和です。地味にアストラゼネカが健闘していますな。

ST:
UNGは11/21のポジション清算以降、イメージ通りにきっちり騰がって、ギギギな気分を現在味わっておりますがw まぁ、最悪の結果は避けれた事と、パラメータの検証に役立ったので良いとします。


さて12月。短期運用は既に開始していますが、管理ツールの構築やペーパートレードで感覚を掴む事に費やします。即ち、今年は11月でトレード納めに。

配当株は、資金移管の額をキリの良い金額で行った結果、残キャッシュで丁度1銘柄BET出来る状態。と言ってもこの相場環境、めぼしい銘柄も高止まり中ですし買うに買えませんねぇ....

ただキャッシュで放っておくのもアレなので、January Effectに賭けてCommission Freeの、IJH (iShares Core S&P Mid-Cap) とか、VBK (Vanguard Small Cap Growth) なんかに年末ギリギリで入れておくのもアリかも?と考えていたり。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]