11/26/2013

多機能にたじろぐ

無事Firstrade⇒IBの資金移動も済み、何時でもオッケーになりましたのでTrader Workstation (TWS)をDLして起動。むむぅ、全く目が慣れませんww

取り敢えずペーパートレーディング口座の申請だけ済ませて、主食のトレードを円滑に開始するべく、先ず掴みから順に沿って動画やらpdfなどで収集しつつ、

DDE for Excel API Tour
Excel Api Beginners

こりゃ暫く籠もる生活になるな.....


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

11/22/2013

Option trade (Nov)

敢えて現物化して、更にブーストした実験結果。


[ UNG ] United States Natural Gas
  1. sold Nov 22 13 18.5 Put @0.45 *Oct.21
    bought @0.28 *Nov.21

  2. bought Nov 22 13 18.5 Call @0.39 *Oct.28
    sold @0.04 *Nov.21

  3. bought Nov 29 13 17.5 Call @0.57 *Nov.01
    sold @0.84 *Nov.21

  4. bought Dec 06 13 17.5 Call @0.47 *Nov.04
    sold @0.94 *Nov.21

1.と2.が1:1で、3.4.のコントラクトは1.の半分、最終的に売り1:買い2でした。

戦略と言うより、完全に原資産のネウゴキに依存したデルタの塊です。騰がると踏んで張っているのでオプションらしさはゼロ。まぁ、騰がらなかったワケですけどww


まとめると、売建て1枚を基準に、

Before 45 - (39 + 57/2 + 47/2) = ▲46
After -28 + ( 4 + 84/2 + 94/2) = 65
∴オプションでの収益 19 (基準あたり)

Before 原資産 19.32 (プット売建て時)
After  原資産 18.24 (JST 5:45)
∴現物買いでの収益 ▲100.08 (1枚あたり)


B&Hよりマシな結果になり、プット売りオンリーと比べほんの少しリターンは向上。何ともありきたりな結果ですが逆噴射でガックリにならずで良いとします。

兎にも角にも、Firstradeでの最終トレードは無事終了です。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

11/20/2013

タダのツール

これは凄い。


(※入力したIWMのポジは適当です。)

N225物ではここなどで簡単に見れるのですが、IVの変化とか細かいシミュレーションは出来ませんね。

扱いやすさは改めて使ってみたHoadleyのよりこちらの方が上に感じます。と云っても、管理表は自作Excelで考えているので、これは空き時間にチョット眺めるツールとして重宝しそうです。

未だIBのものを見ていないので、実のところそのエクセルすら不要なのかもしれませんケド。

アレコレ準備の中フト考えてみると、運良くスプレッド・トレードで天に召されず長期間相場に留まれた場合、Csp & Ccより手間暇かけるその結果は資金効率の差程度になるのでは?と、思わなくもない。利点は、リターンの的を絞る (=特定のリスクに焦点をあてる) 事が柔軟に出来る点でしょうか。

一方のカバード・オプション。その利点は手間が不要であったり、建てたら満期前までモニタリングや調整せずに過ごせる事ですね。実感として、一番大事なのは対象原資産の選択ですね。そのエビデンスはKappa氏の本や各レポート、洋書を読めば知れます。もっと直感でわかりやすい説明はこちらがいいと思います。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

11/19/2013

仕事が早い

何でか頼んでもいないハズなのに、KOBOみたいな感じで某天からNISAの書類が届いていたり。

それはさておき、手続きはスムースに進んでいます。



まだ中身はカラですが、移管も簡単そうなので月内に実弾充填出来る運び。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

11/16/2013

着々と

今週は色々ありました。

KMBのスピンオフ話だったり、バフェ爺のXOMネタに少し驚いたり、別腹N225でゼッタイ噴かないだろうと思いつつ、12C17以上の屑コールを買い集めていたら突然火柱で吃驚したり。 (背景はこちらこちら)

12SQ後は、ハイリスク指数の面目躍如たる振る舞い全開の、更に面白い展開を強く期待しています。(ポジトーク)

そんな原資産を取り巻く反応も楽しいですが、最近は来年度から本格的に実弾投入予定のスプレッド・トレード構築に向けて、その準備に忙しい日々を送っています。

基本放置系で、少しパラメータ調整しながらリスク管理をしっかりすれば何とか吹き飛ばずに生き残れると踏んでいますが、どうなるやら。

周辺環境の整備はまずまず出来てきていますが、肝心のメインとする原資産の調査が進んでいません。条件はEuropean typeの、いわゆるVanilla向け。

ヨコヨコ~微上昇するだろうに賭けつつB&H以下のリスクで、B&H以上のリターンを得るCsp & Ccは、Physical Settleが必須です。又、行使条件上の特徴からくるプレミアムの上乗せも含め都合が良い。

しかしスプレッドの場合は、御都合での行使だったり、現物決済はデメリットに感じるのでETFは基本除外の方針。

とりあえずSP物で調べてみると、EuropeanでCash Settleは指数(SPX,XSP,SPXPM)で先物(SP,ES)はAmericanでポジ受渡し。S&P100のOEXはAmericanなのに差金と、どこにメリットがあるのかわからない仕組み。S&P100使うのであればXEOですね。

むしろCsp & Cc同様に、ラッセル2000指数(RUT)がハイリスクなので状況次第で良いかもしれません。(流動性も問題ない) 他には、暴れ馬VIXも使い手がありそうだったりと豊富すぎる対象に、暫くは準備しながらアレコレと合う物を探していく感じになりそうです。


そしてそして、そんな準備の一環、


郵便にサインし無事セキュリティ・コード受け取り。

月内に完了すれば12月はペーパートレードで馴染んでいきつつ年越し。来年からFirstradeはDripと適宜組替え、オプションはIBの低コストフル活用と磐石な体制になりそうです。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

11/09/2013

災い転じて

資産運用の王道とは的な、方々から発信されている記事を読んだり、時には何ソレ阿呆ちゃう? (オマエが云うなww) と、一人突っ込みしたり。

ハタマタ、眠れるツールを起こしてみて遊んだりしてしまうと時間がア゛ッッ!と言う間に過ぎていきます。。



このツールはExcel、我が家はMSオフィス完備していないPC。なので、会社でしかコレを使ってアレコレとシミュレーションしたり、戦略を練ったり出来ません。(∴今、会社orz)

そして、色々組み立てるオプションするならやっぱIBやなぁ、と思いつつぐずぐずと口座作ろうかどうかと燻っていましたが、今回の動きでやっと本気出せる気がするw


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

11/08/2013

なんてこったい

書きかけのデータが何故か消失したので、違うネタ。(どうせオプネタだし、書く気が失せたw)

  日本人の新規口座開設が認められなくなりました

残念なお知らせですが、Firstrade証券は11月1日より日本人の口座開設を中止しました。またE*Trade証券のInternational Accountも現在は日本人の口座開設を受け付けていません。

現時点で私どもの知る範囲では、米国市場にアクセスできる海外の金融機関は、香港やシンガポールの銀行・証券会社か、あるいは米国のブローカーで日本で支店登記をしているInteractive Brokers証券になります。

サラッと書いてありますが、今後どうなるのかとても気になるところ。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

11/05/2013

2013年10月末運用状況

誰でも儲かる相場環境なのに、だいぶ下手打ってダメージ負っている感じ。そして、おまけに風邪っぴき。
いつもと同様、色付きの記載が動いたものです。


►Performance



►Long-term position

[Stocks]
  1. Kimberly-Clark (KMB)*div@0.81_drip
  2. Altria Group (MO)*div@0.48_drip
  3. Johnson & Johnson (JNJ)
  4. Lorillard (LO)
  5. PepsiCo (PEP)
  6. General Mills (GIS)
  7. Unilever (UL)
  8. Procter & Gamble (PG)
  9. AstraZeneca (AZN)
  10. Chevron (CVX)
  11. Exxon Mobil (XOM)
  12. Statoil ASA (STO)
  13. Walmart (WMT)*bought
  14. Royal Dutch Shell (RDS.B)
  15. PotashCorp (POT)

[ETFs]
  • Vanguard CRSP US Small Cap Value (VBR)
  • WisdomTree International Small Cap Dividend (DLS)
  • WisdomTree Emerging Markets Small Cap Dividend (DGS)


►Short-term position

[Options]
  • Short (Cc & Csp)
    GDXOct.18 '13 P26*BTC
    SLVOct.18 '13 P22*BTC
    UNGNov.22 '13 P18.5*STO
  • Long
    VXXNov.16 '13 C18*STC
    UNGNov.22 '13 C18.5*BTO
    EWYJan.18 '14 P40
    FXIJan.18 '14 P20
    NFLXJan.17 '15 P50*BTO

[ETFs]
  • Vanguard Intermediate-Term Bond (BIV)
    *1 div@0.20507_drip
    *2 sold

[Funds]
  • MHAM MMF (08811925) *sold
  • T&D 日本債券ベア (10311965) *bought




LT:
ウォルマート買い、石油メジャー停滞、以上。

では何なので。
最近の上げ相場でポートフォリオのP/E、Yieldがどうなっているか集計してみた結果、

P/E = 15.5 (除ETF 15.5) , Yield = 3.34% (除ETF 3.54%)

でした。イールドは以前より株価の上昇と、XOM,WMTなどトータルで株主還元する企業を組入れた結果少し低くなっていますね。今のところ、USGG10YRは2.6%前後。緩和縮小が始まると配当株には厳しい時期が来るかもしれませんが、淡々とDripで積み増しで無問題。厳しい時期ならバリュエーション的に過熱感も無いでしょうし、来年以降新規銘柄の買い場到来か?


ST:
混乱の中、BIV (米国中期債券ETF) は売り抜け。んまぁ、下半期のキレの無さはここにも出ています。

コクナイ。あべくろ円債はやっぱりスゴイ。このド安定ぶりから、国内でずっと放置しているドルキャッシュを円転して来年も、日本債券ベアの積立を継続に値すると思ったり。


さて11月。思考実験と収益バランスを勘案しつつのPDCA。少しずつでも器用になるべく、日々精進を心掛けたい今日この頃。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]