4/26/2013

異次元雑感

毎回毎回GW (や正月や盆) 明け迄に何とかぁーー、と無茶苦茶な案件を捻じ込んで来て休暇予定を壊される。この繰り返しが業界病と家庭不和の主要因な気もするんですがww


さて (もう開き直った) 、気晴らしに雑感など。


巷Webや紙媒体やTVも、異次元相場だとか信用取引が活発だとかほら見ろ積立は報われるとか売り豚死滅とか、ホットな環境に話題は事欠きません。書いたキャピタルゲイン血眼は本来投資とは異にする様な気がしますが、踊れる間は宴に参加して利を乗せておきたいところです。(因み自分の事を投資家とは思っていません)


それで、どの程度普通の判断でBET出来るのか?伸び代がどの程度残っているかを自分なりに。

(注:間違ってるかもしれません)

ここから、日本を買える理由は、
  1. 企業の収益が劇的に改善する確信 (Eの上昇)
  2. 政策の効果を確信 (思惑通りの成長)
  3. 金利上昇が上の2つより相当遅行する確信 (黒田バズーカの継続)

が、揃えばいいのか?実は、良く判っていません。政府・日銀、そしてTopixだと車屋と虚業をどれだけ信じるかで ON/OFF の判断となるんでしょうか。

一方、米国に関してもマダマダ余地があるようでも、少々古い記事ですがシゲ爺指摘と現在の算出が変わらない場合、当時と反対に作用し信頼度の高いパラメータとは言えない気もします。

何れにせよ、どっちも金利低過ぎで変に歪んでいると思う。。と、完全ポジトーク。

4/19/2013

Deep ITMの対処

おぉぅ...TBT.... (注:顔文字ではありません


ストライク・プライス64に対し、アフターマーケットで59.72となりプレミアムは4.325。既に受取っている分を差し引き-3ドル強のマイナスとなっています。そして、今晩で更に膨れる事にも。

今回Cspの対象にしたTBT (ProShares UltraShort 20+ Year Treasury)は、TLTの日々の値動き x -2です。株と長期債がある程度逆に動く事から、株に対して強気なポジションを採っていた事になります。

本来強気ならば、Cspで相性の良いIWM (iShares Russell 2000) で仕掛けるところですが、低IVが続いていました。それが盛り返すのを待っても良かったのですが、代替を見つける意味でもTBTで試した次第。まぁ、所詮アヤシイ相場観はこんな程度ですw


さて、これをどうするか。

状況的には下方余地の方が大きく感じます。が、これも勘みたいなものなので、買い戻す or 義務を果たすのどちらかではなく、半分買戻しで半分Ccに移行してみるのも面白いかも?

取り敢えず場が開くまで、頭の片隅で検討してみようと思います。

4/18/2013

ディスカウント・ブローカー一覧

前から、良い意味で余り差を感じない国内オンライン・ブローカーと違って、バラツキが多きいと感じていてました。調べついでにスプレッドシートのお試し。



どのブローカーが非居住者で利用可能かは確認が必要です。

見てみると、どこも一長一短な感じもしますが、Dripと投資信託と債券のおっとりした運用であればFirstradeが良いかと。手広く何でも出来て、コスト面でもトレードに適しているのはInteractive Brokersでしょうね。

自分の場合、オプション目線でみればIBは魅力的に思えますが、口座作ろうと考えつつ月々の取引量が少なさから、どんどん日が過ぎてしまっています。

4/17/2013

記事を斜めに読む

既に、白い人の頃から依存しっぱなしでは?


株、日銀の購入基準が生む「楽観」と「ゆがみ」  問われる緩和の「質」| Nikkei.com

 波乱の様相となった債券市場だけでなく、株式市場でも「黒田日銀」の行動が話題となっている。市場の予想に反して、日銀は15日、同日の株式市場で株価指数連動型の上場投資信託(ETF)を216億円購入したと発表した。市場で「暗黙の買い入れルール」と目されてきた「前引け時点の東証株価指数(TOPIX)の1%安」を無視して、買い入れに動いたためだ。

- 中略 -

日銀は4日の政策決定会合で、ETFを年1兆円ペースで購入することを決定した。これまで約2年間では、下げ相場が大半だった中で総額1.5兆円の買い入れにとどまっていた。上げ相場が続く公算が大きい今後2年間で、約2兆円を買い入れるには「ハードルを下げて買い入れ回数を増やす必要があった」(ニッセイ基礎研究所の井出真吾主任研究員)との見方がある。


経緯についてはノーコメントで、ここからが本題。

■日銀のETF買いがゆがめる個別株価  市場の過度の楽観心理もゆがみのひとつだが、金融緩和の「質的」側面にも課題が多く、相場形成にゆがみを生じさせているとの見方も多い。ひとつが、ETFを通じた資金流入の偏りだ。

 東海東京の鈴木氏によれば、日銀の買い入れ対象のETFは「日経平均に連動型が55%、TOPIXに連動型が45%」だ。ETFは株価指数に連動するように個別株を組み入れる以上、株価指数における個別株の構成比とETFの構成比は連動する。ETFを買えば、構成比の大きい銘柄に優先的に資金が流入する。個別株が値上がりすればするほど指数に占める構成比は多くなるため、結果として、日銀は「値上がりした企業により多くの資金を投入する」(ニッセイ基礎研の井出氏)ことになる。


個人がこの資産から逃げるなら、黒さんの魔力が最高潮の終盤を見計らってExitが宜しいかと。

理由は簡単、基から運用には適していないところに、「マムシドリンクやらスッポン」効果で、いつも以上に企業価値の評価として機能していない。大きく見えても萎むとアレで。

ただ、トレード・ストックとして抜群なのは申し添えておきます。(特にN225)

長々と引用しましたが要は、

 たとえば、ニッセイ基礎研の井出氏は「株価ではなく財務データのみにウエート(比重)を置いたETFが組成されれば、バリュエーション(投資指標)面で上昇局面に出遅れている銘柄にも幅広く買いが入り、理想的な資産効果がもたらされる」とする。


Arnottに相談だって事です。否、どこかがRAFIでアクティブ物故いてました。まともに運用出来るところが本気だせばと思いつつ、恐らく上の「れば」は実現する事はないでしょう。

これは、身軽な個人は然るべき手段でそちらに移れ、と捉えれば非常に良い提言に見えます。

4/16/2013

Deja Vu

不規則に慌しい日常の合間に、ちょこっとザラ場みたり、JNJ良かったねをチェックしたりと運用事に時間が採れたのでポスト。ついでKOが5%以上騰がるのを見れたのもレアかもしれません。

そういえば細かい朗報があったので、

・【凶報】Vanguard、VOE のコストを値上げ。VTI と VBR は値下げするけど | HYIP de orz

・<追記あり> 米国バンガード、VTI・VBRのコスト引き下げ。逆にVOEはコスト引き上げ? | 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)


週末の氏情報で既にを感じつつ敢えて並べてみましたが....まぁ、どのような事由でも保有ファンドのコスト減はありがたい事です。

4/11/2013

答えなき道

往ったり逝ったりの大人のおもちゃと化している楽しそうな鉄火場は置いといて、アセアロ?アセットアロケ?なんて通な書かれ方のasset allocation。その論法的にMCDでマクドでしょ、ってコレ余談。

それは、短期な人を除く運用者の殆どがアレコレする正答のないアレ。ここでは、大まかな区分は端折り、詳細の配分のアレコレについて。

the cash secured put write strategy and performance of related benchmark indecesを眺めていて、組合せを暇潰し的に考えてみました。データを引張って出したは20年強と決して長くは無いですが、目安ぐらいにはなるかとは思っています。

対象としては、常に一人称なので自分の保有資産に近似的なもので。グラフは、こちらのツールより拝借しました。

  • 対象
    ・PUT
    ・^GSPC
    ・^RUT
    ・Bond


[ PUT 25 , ^GSPC 25 , ^RUT 25 , Bond 25 ]
Risk 10.26 , Return 9.05



グラフが歪なのはそもそも間違っている様な (Rはトモカクσとかはレポートのまま) ......面倒なのでそんなパラメータだからと納得させて。まぁ、やや愚かしいといった凡庸な位置ですね。裏を返せばそこまで悪くない選択とも。


先のレポートにもある形で出してみると、

[ PUT 60 , ^GSPC 0 , ^RUT 0 , Bond 40 ]
Risk 6.12 , Return 9.52



冷静に考えた場合、完璧に現物ロング不要になりますね。当然実際は、下手糞が運用するのでリターンは相当割引く必要がありますし、今後の事も不明なのでリスクは相当割増して考えなければ楽観過ぎでしょう。

しかし戻って、アフォールドで得るものって何?マジョリティ発信の、リスク拒否度 (許容度) に応じ、日本株式がxx%、外国株が(ry

一歩引いて、このウハウハ相場をおつまみにアレコレ瞑想してみたりも一興かもしれません。

4/07/2013

Second stage

先日、都合2回のCBとレアな事象を観れた長期国債先物。

〔金利マーケットアイ〕国債先物に急速な買い戻し、大規模な日銀買い入れを再評価 | Reuters



推移から単純な発想で、年平均2.5円上昇とし、今後は日銀の黒い人のアレから年平均5.0円上昇を仮定してみる。

  • 長期国債標準物(額面100円、利率 年6パーセント、償還期限10年)

  • 価格 最終利回
    2014年3月 150 0.667%
    2016年3月 160 0.000%

既に生保、第一生命やらが投げられているので、当面金利低下は続くと見られているんでしょう。と、思ったら第一生命P/E 53ってオイオイ.....ここからあと、半値八掛け二割引きで程々じゃなかろうか。

余談、外資のアフラック(US:AFL)はP/E 8、30年連続増配中です。


しかし順調に金利低下が進み、そしてどこかでターンして上昇、それは何時なのか?需給のみで動いている資産故、大人次第でどうにでもなりますし素人には予想もつきません。

手立てとして殆ど皆が、債券クラスは個人なら10年・変動買いが正解と表明されているので、必ず訪れる時にもそれが有効な戦略なんだと思います。どうせ逝く時は全部逝く、そんな凄い開き直りを腹に落とす必要は兎も角。

4/05/2013

正しく負けて、間違って勝つ

国策は阿呆になって踊らにゃソンソン。



えっと、、先ずN225先物OPに参戦しようかと画策していた件ですが、結論が出ました。


「兼業の自分には無理」


長らくアレコレ考えたクレジットOP戦略を、データ引っ張り込んでシミュレーターに落とし推移を観ていたのですが、思いっきり追(ry まぁ、バーチャなので笑い事ですが、これぞブロウ・アップ。

ただ、タイトルにもある様に、その正反対の間違った戦略 (Buy Call) を実弾 (別枠のへそ) で試していました。その結果は、ありがとう黒田さん。この時期に必要な分を (税関係とか車検とか住宅修繕の積立とか) 全てカバー。ホントついてました、今回は。


- 閑話休題 -

さて本来の運用について。正しく負ける戦略の日本債券ベアへのBETですが、今日も朝イチで発注 (11:00締切なので) しました。が、、、、、、、

東証、債券先物にサーキットブレーカーを2回発動(1)| Bloomberg



運用とは、運を用いる事。こっちは全くついてませんでした。

4/03/2013

今どの位置に


Bull markets are born on pessimism, grow on skepticism, mature on optimism, and die on euphoria.



と云う事で、月末集計ついでに保有個別銘柄の現状把握、と云うのか完全に銘柄雑感。



  • 生活必需品・ヘルスケア

    さすがに買われていますね。ただ、このジャンルは余程買い上げられない限り特に気にしない方針。感覚的にはAZNを除きPER 30程度でしょうか。尚、AZNに関してはこの表には載せていない項目等、レポを読むとAZNの方針に興味を持ちつつ、かなり注意する必要を感じています。


  • 資源

    セブン・シスターズの中でベータの高さとマージンの低さが目立つ、RDS.Bをバリュー配当株扱いで保有していますが、エネルギー・コングロ色が強めに感じるので心配にはなります。心配といっても、あッちゅう間に電子屑になる様な屑株と意味は別です。XOM,CVXは無問題。


  • 資本財

    回帰期待で保有のNSC。バリュエーション的には気になる水準でもないながら、未だともうの間程度まで戻りつつある印象です。11年連続増配とはいえイールド2.6%はシクリカル銘柄としてはやや魅力薄ですが、手放す程でも無いという微妙な位置。


  • 金融・サービス

    強運でリーマン・クライシスのリバ後最安で買ったTRIは、何とか正常化しそうな雰囲気。推移は気にしつつも増配出来る間は保有してもいい気になっています。


結果、ほとんどは割安圏をとっくに脱しているものの、割高で問題になりそうな銘柄が無い事を確認。当面、相場の事は相場に任せて、ドリップ (税のアレでRDS.Bは除く) のみ続けて寝て待つ方針に変わりはなさそうです。



----------- ついで -----------

上、配当株ポートフォリオや、ポートフォリオ全体を一つのファンドと見立てて、BRK-AやインデックスETFと値の比較でも。

Funds P/E Yield Beta
Holdings(Stocks) 15.74 4.00% 0.62
Holdings(Stocks+ETFs) 14.31 3.41% 0.78
BRK-A 16.6 0.00% 0.55
SPY 14 2.04% 1
DIA 13 2.36% 0.88
VT 12 2.22% 0.88
TOK 14 2.44% 0.87

配当株のみですとPERは少し高めになっていますね。中小型バリューETFを加味した2行目が、マイポートフォリオ全体になります。

何れにせよ、市場平均物より1%程度のイールド差と低ベータはキープ出来ているので、自己満足度の高いポートフォリオを維持出来ています。

4/01/2013

2013年3月末運用状況

残念ながらN225の甘利越えならず。と言っても主要企業の決算が相当良い内容でなければ、もう十分過ぎる水準だと思いますが。。。

一方こちらの運用は平穏、色付きの記載が動いたもの、( )は反映前です。


►Performance




►Long-term position

[Stocks]
  1. Kimberly-Clark (KMB)
  2. Unilever (UL) *div@0.3237_drip
  3. Altria Group (MO)
  4. Thomson Reuters (TRI) *div@0.325_drip
  5. General Mills (GIS)
  6. Johnson & Johnson (JNJ) *div@0.61_drip
  7. PepsiCo (PEP) *div@0.5375_(drip)
  8. Procter & Gamble (PG)
  9. Chevron (CVX) *div@0.9_drip
  10. AstraZeneca (AZN) *div@1.9_drip
  11. Norfolk Southern (NSC) *div@0.5_drip
  12. Lorillard (LO) *div@0.55_drip
  13. Exxon Mobil (XOM) *div@0.57_drip
  14. Royal Dutch Shell (RDS.B) *div@0.86

[ETFs]
  • Vanguard MSCI US Small Cap Value (VBR) *div@0.021_drip
  • WisdomTree International Small Cap Dividend (DLS) *div@0.26093_(drip)
  • WisdomTree Emerging Markets Small Cap Dividend (DGS) *div@0.0687_(drip)


►Short-term position

[Options]
  • Short
    IWM Apr.20 '13 P89*BTC
    TBT Apr.20 '13 P64*STO

  • Long
    RSXMar.16 '13 C32*expired
    TQQQMar.16 '13 C70*expired
    SPYMar.16 '13 P124*expired
    EEMApr.20 '13 P40
    EFAApr.20 '13 P53
    SPYApr.20 '13 P137
    EEMMay18 '13 P38*BTO
    EFAMay18 '13 P50*BTO
    FXIMay18 '13 P31
    IWMMay18 '13 P80
    IWMMay18 '13 P85
    SPYMay18 '13 P133*BTO
    PCYJun.22 '13 P29
    * * *Jun.22 '13 P* *
    EWYJan.18 '14 P40

[ETFs]
  • Vanguard Intermediate-Term Bond (BIV) *bought

[Funds]
  • MHAM MMF (08811925) *sold
  • T&D 日本債券ベア (10311965) *bought


動きとしては前々回更新後直ぐに、アヤしい相場観に基づきTBT (ProShares UltraShort 20+ Year Treasury) でCspを仕掛けています。

あと、大きな変化としてはSTの新顔に、収益の置き場としてバンガード中期債券ETF (BIV) が加わりました。

突き詰めれば、BIV 60 : BSV 40の合成Volatility = 5.4%で、トータル物のBNDよりほんの少し低リスクでリターンは少し高めな配分にしてみたり、リスク低減の意味でも短期のBSVの方がいいんじゃない?と思わなくもない。

さて4月ですが、いつも通り何も無ければLTは放置、STもルーティンワークとお決まりの進行予定ですが、冒頭のN225について少しアイデアを試してみたい気も。

私見ですがN225は、銘柄や相場参加者の構成上然るべき値から大幅に乖離し買われ過ぎたり、然るべき値に戻るべくゴミの様に投げられ易い原資産。裏を返すと長期で収益を期待するのは??でも、短期での騰落に賭ける先物トレードやオプションから見れば非常に魅力ありではなかろうか?と観察していて思いました。

先物で占いを当て続けることは難易度高すぎますが、オプションでATM近辺のスプレッド組むなり、リスクをぐっと抑えつつセータで稼ぎ、その収益を利用してオプションらしい振る舞いのFar OTMのプットを並べる戦略なんて面白いかも。平常時は短期金利程度のリターンを期待しつつ、凄いポジションが組めそうなイメージ。

直ぐに掛かれる時間の余裕が微妙ですが、うまく環境が整えば200程の予算で始めてみようかと考え中です。