12/28/2013

市場丸ごとポートフォリオの内訳

今年は人並みの休暇が確保出来やれやれです。

大掃除は翌日にまわし、データ整理などどうでもイイ事から始めているのですが、2009年あたりに考えていた運用の妄想メモwwを発見したので、今はどうなんだろう?と、思い立った暇潰しです。

------

需給によるアゲサゲを簡単に享受したい場合、市場丸ごと抱える手法が推奨されています。例えば米国の場合、Russell 3000であったりトータル・マーケット物を1本で済ませるというのが凡庸。

散見する推奨商品ではバンガードのVTIとなるわけですが、そのVTIはその他の市場平均物と同様に超大型・大型株で75%以上。Morningstarの通りのマーケットキャップ配分を、時価総額毎に分解したバンガードの商品を使ってバックテストしてみると、



ピタリ一致。VTI = MGC + VV + VO + VB です。(現在のベンチマークはMSCIではなくCRSPです)


VTIが本当に個人の運用で理想的なのかはサテオキ、個人でマーケットキャップの偏りを是正したいとか、どの本 (タブンLarry E. Swedroeだと思う) だったか忘れてしまいましたが、平均とは大型成長株に大きく傾けた歪な指数なので、そういった連動商品のみで運用を完結する事は望ましくない。とか何とかありましたし、当時は色々と思案した覚えがあります。

故に現在の自分は妄想が昇華し、商品を使った運用は小型割安のみで片張りなワケなんですけど。

そしてそのマーケット・ポートフォリオがデカイモノに偏っている事はお猿さんでも判るわけですが、成長株偏重なのかはコレでは見えません。物はついでに調べてみると、リスク・リターンのつり合いから下の様な配分になります。

  1. MGC (超大型株ブレンド)

    MGK(成長株)48%
    MGV(割安株)52%


  2. VV (大型株ブレンド)

    VUG(成長株)63%
    VTV(割安株)37%


  3. VO (中型株ブレンド)

    VOT(成長株)100%
    VOE(割安株)0%


  4. VB (小型株ブレンド)

    VBK(成長株)68%
    VBR(割安株)32%

超大型は成長・割安のバランスが取れた概ね半々、大型以下が歪です。中型に至っては割安株の出番は一切ありません。市場丸ごとポートフォリオは教科書通り成長株に依存している事は確かのようです。だからどうした、歪だろうが安易で安価で儲かれば何でもいいんじゃない?となり、オチは特にありませんが。

------

と、つまらない事を書いている内に飯の仕込み時間が来たのでここら辺で。運用で年内書く事もありませんし、2013年は丁度110本目でブログ納めですね。

それでは良いお年を。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

12/21/2013

残キャッシュの向け先

よくわからないオプションの備忘録に続いて買ったらかしw 運用の備忘録。

ちまた、"海外口座を使う際のリスクが表面化した一例だ" などなど言われた、Firstrade新規開設不可のニュースがありました。(現時点、Apex clearing執行方針によりとの情報なので、""氏の様なお上?説ではなく、既存は影響なし)

自分は折角の機会と、愚図愚図と放っていた件に着手し、やっとInteractive Brokersに短期運用は切り分け。移管はホント楽チンでした。


さて本題。その資産移動で残った (残した) キャッシュの向け先。

趣味的投資で1銘柄増やすか?ただ、生活必需品に多くを配しているので、BTI、PMなど煙草銘柄やRBGLY、CLXの日用品・NSRGY、BUDの飲食も今必要に感じません。煙草以外は、そも高いし。

資源系もオイルメジャー4つで十分、パイプラインも高過ぎの印象。BBLやVALEなど鉱業は振れ幅デカ過ぎです。タイミング次第でありかもしれませんが、今は無いです。

ヘルスケアはLLYがよさげに感じますが、素人的にAZNがあるから微妙。もう少しお安く買えるのであればBAXか。その他、医療機器系は完全に期を逃がしてます。


アレコレ考えるのは楽しいですが、当分買い場ではないでしょうね。
するとインデックス、上場投機信託 (ETF) の出番か。



自分がポジション建てた時期からにしていますが、綺麗に別れていますね。
実際は、調整があった時に買い増し + Drip のナンピンで、
  • VBR 52.64%
  • DLS 42.41%
  • DGS 0.68%

となっています。

来年新興国がアカン子になるんだったら、腐臭漂う頃合いでナンピンするべくキャッシュで待機しておくのが良いかもしれない。


果たして、それはDGSで良いのか?

と、思い立ったので久しぶりにETF Databaseを確認してみるも、クローズの可能性が低く複数新興国物でDGSより魅力のある商品........やっぱり無いな。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

12/20/2013

実験終了 (Double Calendar Spread)

無事 (シミュなのでブジもクソもないですがw) 終了


  • Russell 2000 / DCS

    [ Dec.19'13 - Jan.16'14 / C1135 , P1105 ]
Date indices D G V T PL
Dec.03 1,123.78 -1 -2 385 98 -333 Opened
Dec.04 1,121.38 2 -2 392 106 -288
Dec.05 1,122.47 -2 -2 400 130 132
Dec.06 1,131.38 -23 -3 418 151 249
Dec.09 1,129.46 -22 -3 447 152 207
Dec.10 1,119.69 4 -2 452 191 102
Dec.11 1,101.50 49 -2 458 189 -348
Dec.12 1,103.27 52 -2 478 199 -194
Dec.13 1,107.05 42 -3 492 278 165
Dec.16 1,119.85 11 -4 554 617 1182
Dec.17 1,118.91 13 -4 585 905 1287
Dec.18 1,133.72 -60 -6 627 1073 -228 Bernanke said
Dec.19 1,125.94 5 -5 703 19151 1317 Closed


結果、原資産のネ動きは両SPを跨ぎながらも、建て始めから僅か2.16ポイントの上昇と、往って来い相場。

低IV時のタイムディケイ獲りDCSの結果は、想定通りの動きでナカナカ。コレ単独では最適解とは言えないですが、睡眠優先で、寄りと引けしか見ないルーズな兼業には使える戦略の柱の一つになりそうです。

無論、大体の相場観スラ毎回外す曲がり屋な人や、御予算内 (建て時のデビット) 損失を許容出来なければ柱にはなりませんが。

今回都合良くFOMC定例会合声明もあり、最後2日での期先IV剥げを観察出来た事は大きいですね。あと期近のガンマ (セータ) の振る舞いなども観察しがいがありました。ここには記録していませんが、年内に他の組合せやWeekly物など順次手仕舞いし総括。


あとは走りながら考える、いつものやっつけで実弾の配備に入ります。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

12/14/2013

経過観察 (Second week of Dec)


  • Russell 2000 / DCS

    [ Dec.19'13 - Jan.16'14 / C1135 , P1105 ]
Date indices D G V T PL
Dec.03 1,123.78 -1 -2 385 98 -333
Dec.04 1,121.38 2 -2 392 106 -288
Dec.05 1,122.47 -2 -2 400 130 132
Dec.06 1,131.38 -23 -3 418 151 249
Dec.09 1,129.46 -22 -3 447 152 207
Dec.10 1,119.69 4 -2 452 191 102
Dec.11 1,101.50 49 -2 458 189 -348
Dec.12 1,103.27 52 -2 478 199 -194
Dec.13 1,107.05 42 -3 492 278 165

まぁ、これだけでなくダイアゴナル枚数調整のポジションや、Lバタなど複数の戦略を観察しているのですが、シンプルなDCSが低IV→移行期 (またはヨコヨコ) で主戦略として適しているのか?半放置系を目指す自分にはここが興味の対象なので。

来週は時間の強風が吹くので、どう寄与するのか見物ですね。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

12/09/2013

経過観察 (First week of Dec)

代表的な株価指数を利用するのに、
  1. ベンチマークとして見る
  2. トレースする商品に張る
  3. トレードに使う

ぱっと思いつくだけでもこれくらいありますが、
1.は機関や独自手法の個人、2.は賢明な投資?家、3.が投機家。その違和感は兎も角。


そして狙いは、
1.は判断に、2.は長期、3.が短期での儲けでしょうか。


1.はそのままですね。リスクやリターンの観察に。

2.は、これに金入れてればおk。といったガラパゴス化啓蒙活動はまぁ良いとして、求めている事は過去が記した様なリターンの実現。その源泉「資本主義経済の長期的ハッテン」らしい。リスクには、超長期チャートを眺めてやり過ごす等、受動的な態度がキモの様です。



最後の3.はその正反対。

その源泉は短期も仮に長期でも、寝ても醒めても纏わり付いてるリスクその物です。そしてそのリスクの収益化を企てたり、一部を封じる能動的な態度がトレード。なので、今日もリスクに関わるべくログ。
  • Russell 2000 / DCS

    [ Dec.19'13 - Jan.16'14 / C1135 , P1105 ]
Date indices D G V T PL
Dec.03 1,123.78 -1 -2 385 98 -333
Dec.04 1,121.38 2 -2 392 106 -288
Dec.05 1,122.47 -2 -2 400 130 132
Dec.06 1,131.38 -23 -3 418 151 249

んあ?吸い込んでるこのデータ何かオカシイ.......


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

12/04/2013

原資産と柱

(とりわけ不評な) オプネタ備忘録。

というわけで、色々と指数やら銘柄やら対象になりそうな原資産を片っ端から調べているんですが、大前提の外せない条件として、

  • 期先も流動性あり
  • ヨーロピアン・タイプか、アメリカンは無配当

でサーチしての結果、過去 (ETFのIWM) の相性と根拠なき嗜好で、元の鞘に戻ってRussell 2000指数が一番しっくりきそうな気になっています。


※根拠なき嗜好 = KOよりPEPとか、KよりGISとか、GSKよりAZNとか


Russell 2000買い持ちのリスク / リターンがS&P500、とくれば無論Dow30に劣っている。その事については全く問題ないと今は考えています。

そのRUT、振る舞いの下品さは我が日経平均軍に負けるものの、まずまずの過敏さんです。逆に、来るべきカタストロフィまで安定して見えるSPやダウは、自分にはチト難易度高い気がします。

メインは良しでその柱として、ダイナミックヘッジなどはハナから無理。そして、オートメーションは相当時間掛るので今のところ戦力外の3軍です。そうなると、ガンマ(デルタ) はフラット近辺、セータ微+、ベガ+で、寝ている内に死なないポジションを主軸に。と、自分なりに暫定の解が出ています。

そこから仮想マネーで建てているポジションは、

■ Dec.04 , 06:00 (JST)
         
Type Symbol Price Last IV D G V T
Short .RUT131219P01105000 8.66 9.5 18.2 99 -3 -254 144
Short .RUT131219C01135000 9.29 8.7 14.9 -111 -3 -266 125
Long .RUT140116P01105000 19.44 19.65 17.8 -117 2 447 -89
Long .RUT140116C01135000 19.37 18.3 15.7 128 2 458 -82
          -1 -2 385 98

言うならばDouble Calendar Spread ですね。略してDCSとでも呼びましょうか。
仮想にも係らず、性格に似て控えめな枚数にww ここからボラドロップ喰らうと少し痛いところですね。

現在の様な状況はDCSを基本にしながら、ゼロコストバックや相場観での枚数調整を実験に加えていきます。高IV相場はその時学習するとして、年始に向けて少しずつ戦略を立てていく所存。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

12/03/2013

2013年11月末運用状況

何とも天井臭半端ない(11月末の時点) それより何より冬時間が辛い今日この頃です。。

いつもと同様、色付きの記載が動いたものです。


►Performance



►Long-term position

[Stocks]
  1. Kimberly-Clark (KMB)
  2. Johnson & Johnson (JNJ)
  3. Altria Group (MO)
  4. AstraZeneca (AZN)
  5. Procter & Gamble (PG)*div@0.6015_drip
  6. Lorillard (LO)
  7. PepsiCo (PEP)
  8. General Mills (GIS)*div@0.38_drip
  9. Unilever (UL)
  10. Chevron (CVX)
  11. Exxon Mobil (XOM)
  12. Walmart (WMT)
  13. Royal Dutch Shell (RDS.B)
  14. PotashCorp (POT)*div@0.35_drip
  15. Statoil ASA (STO)

[ETFs]
  • Vanguard CRSP US Small Cap Value (VBR)
  • WisdomTree International Small Cap Dividend (DLS)
  • WisdomTree Emerging Markets Small Cap Dividend (DGS)


►Short-term position

[Options]
  • Short
    UNGNov.22 '13 P18.5*BTC
  • Long
    UNGNov.22 '13 C18.5*STC
    UNGNov.29 '13 C17.5*BTO , STC
    UNGDec.06 '13 C17.5*BTO , STC
    EWYJan.18 '14 P40
    FXIJan.18 '14 P20
    NFLXJan.17 '15 P50

[Funds]
  • MHAM MMF (08811925) *sold
  • T&D 日本債券ベア (10311965) *bought




LT:
特に無し、平和です。地味にアストラゼネカが健闘していますな。

ST:
UNGは11/21のポジション清算以降、イメージ通りにきっちり騰がって、ギギギな気分を現在味わっておりますがw まぁ、最悪の結果は避けれた事と、パラメータの検証に役立ったので良いとします。


さて12月。短期運用は既に開始していますが、管理ツールの構築やペーパートレードで感覚を掴む事に費やします。即ち、今年は11月でトレード納めに。

配当株は、資金移管の額をキリの良い金額で行った結果、残キャッシュで丁度1銘柄BET出来る状態。と言ってもこの相場環境、めぼしい銘柄も高止まり中ですし買うに買えませんねぇ....

ただキャッシュで放っておくのもアレなので、January Effectに賭けてCommission Freeの、IJH (iShares Core S&P Mid-Cap) とか、VBK (Vanguard Small Cap Growth) なんかに年末ギリギリで入れておくのもアリかも?と考えていたり。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

11/26/2013

多機能にたじろぐ

無事Firstrade⇒IBの資金移動も済み、何時でもオッケーになりましたのでTrader Workstation (TWS)をDLして起動。むむぅ、全く目が慣れませんww

取り敢えずペーパートレーディング口座の申請だけ済ませて、主食のトレードを円滑に開始するべく、先ず掴みから順に沿って動画やらpdfなどで収集しつつ、

DDE for Excel API Tour
Excel Api Beginners

こりゃ暫く籠もる生活になるな.....


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

11/22/2013

Option trade (Nov)

敢えて現物化して、更にブーストした実験結果。


[ UNG ] United States Natural Gas
  1. sold Nov 22 13 18.5 Put @0.45 *Oct.21
    bought @0.28 *Nov.21

  2. bought Nov 22 13 18.5 Call @0.39 *Oct.28
    sold @0.04 *Nov.21

  3. bought Nov 29 13 17.5 Call @0.57 *Nov.01
    sold @0.84 *Nov.21

  4. bought Dec 06 13 17.5 Call @0.47 *Nov.04
    sold @0.94 *Nov.21

1.と2.が1:1で、3.4.のコントラクトは1.の半分、最終的に売り1:買い2でした。

戦略と言うより、完全に原資産のネウゴキに依存したデルタの塊です。騰がると踏んで張っているのでオプションらしさはゼロ。まぁ、騰がらなかったワケですけどww


まとめると、売建て1枚を基準に、

Before 45 - (39 + 57/2 + 47/2) = ▲46
After -28 + ( 4 + 84/2 + 94/2) = 65
∴オプションでの収益 19 (基準あたり)

Before 原資産 19.32 (プット売建て時)
After  原資産 18.24 (JST 5:45)
∴現物買いでの収益 ▲100.08 (1枚あたり)


B&Hよりマシな結果になり、プット売りオンリーと比べほんの少しリターンは向上。何ともありきたりな結果ですが逆噴射でガックリにならずで良いとします。

兎にも角にも、Firstradeでの最終トレードは無事終了です。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

11/20/2013

タダのツール

これは凄い。


(※入力したIWMのポジは適当です。)

N225物ではここなどで簡単に見れるのですが、IVの変化とか細かいシミュレーションは出来ませんね。

扱いやすさは改めて使ってみたHoadleyのよりこちらの方が上に感じます。と云っても、管理表は自作Excelで考えているので、これは空き時間にチョット眺めるツールとして重宝しそうです。

未だIBのものを見ていないので、実のところそのエクセルすら不要なのかもしれませんケド。

アレコレ準備の中フト考えてみると、運良くスプレッド・トレードで天に召されず長期間相場に留まれた場合、Csp & Ccより手間暇かけるその結果は資金効率の差程度になるのでは?と、思わなくもない。利点は、リターンの的を絞る (=特定のリスクに焦点をあてる) 事が柔軟に出来る点でしょうか。

一方のカバード・オプション。その利点は手間が不要であったり、建てたら満期前までモニタリングや調整せずに過ごせる事ですね。実感として、一番大事なのは対象原資産の選択ですね。そのエビデンスはKappa氏の本や各レポート、洋書を読めば知れます。もっと直感でわかりやすい説明はこちらがいいと思います。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

11/19/2013

仕事が早い

何でか頼んでもいないハズなのに、KOBOみたいな感じで某天からNISAの書類が届いていたり。

それはさておき、手続きはスムースに進んでいます。



まだ中身はカラですが、移管も簡単そうなので月内に実弾充填出来る運び。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

11/16/2013

着々と

今週は色々ありました。

KMBのスピンオフ話だったり、バフェ爺のXOMネタに少し驚いたり、別腹N225でゼッタイ噴かないだろうと思いつつ、12C17以上の屑コールを買い集めていたら突然火柱で吃驚したり。 (背景はこちらこちら)

12SQ後は、ハイリスク指数の面目躍如たる振る舞い全開の、更に面白い展開を強く期待しています。(ポジトーク)

そんな原資産を取り巻く反応も楽しいですが、最近は来年度から本格的に実弾投入予定のスプレッド・トレード構築に向けて、その準備に忙しい日々を送っています。

基本放置系で、少しパラメータ調整しながらリスク管理をしっかりすれば何とか吹き飛ばずに生き残れると踏んでいますが、どうなるやら。

周辺環境の整備はまずまず出来てきていますが、肝心のメインとする原資産の調査が進んでいません。条件はEuropean typeの、いわゆるVanilla向け。

ヨコヨコ~微上昇するだろうに賭けつつB&H以下のリスクで、B&H以上のリターンを得るCsp & Ccは、Physical Settleが必須です。又、行使条件上の特徴からくるプレミアムの上乗せも含め都合が良い。

しかしスプレッドの場合は、御都合での行使だったり、現物決済はデメリットに感じるのでETFは基本除外の方針。

とりあえずSP物で調べてみると、EuropeanでCash Settleは指数(SPX,XSP,SPXPM)で先物(SP,ES)はAmericanでポジ受渡し。S&P100のOEXはAmericanなのに差金と、どこにメリットがあるのかわからない仕組み。S&P100使うのであればXEOですね。

むしろCsp & Cc同様に、ラッセル2000指数(RUT)がハイリスクなので状況次第で良いかもしれません。(流動性も問題ない) 他には、暴れ馬VIXも使い手がありそうだったりと豊富すぎる対象に、暫くは準備しながらアレコレと合う物を探していく感じになりそうです。


そしてそして、そんな準備の一環、


郵便にサインし無事セキュリティ・コード受け取り。

月内に完了すれば12月はペーパートレードで馴染んでいきつつ年越し。来年からFirstradeはDripと適宜組替え、オプションはIBの低コストフル活用と磐石な体制になりそうです。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

11/09/2013

災い転じて

資産運用の王道とは的な、方々から発信されている記事を読んだり、時には何ソレ阿呆ちゃう? (オマエが云うなww) と、一人突っ込みしたり。

ハタマタ、眠れるツールを起こしてみて遊んだりしてしまうと時間がア゛ッッ!と言う間に過ぎていきます。。



このツールはExcel、我が家はMSオフィス完備していないPC。なので、会社でしかコレを使ってアレコレとシミュレーションしたり、戦略を練ったり出来ません。(∴今、会社orz)

そして、色々組み立てるオプションするならやっぱIBやなぁ、と思いつつぐずぐずと口座作ろうかどうかと燻っていましたが、今回の動きでやっと本気出せる気がするw


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

11/08/2013

なんてこったい

書きかけのデータが何故か消失したので、違うネタ。(どうせオプネタだし、書く気が失せたw)

  日本人の新規口座開設が認められなくなりました

残念なお知らせですが、Firstrade証券は11月1日より日本人の口座開設を中止しました。またE*Trade証券のInternational Accountも現在は日本人の口座開設を受け付けていません。

現時点で私どもの知る範囲では、米国市場にアクセスできる海外の金融機関は、香港やシンガポールの銀行・証券会社か、あるいは米国のブローカーで日本で支店登記をしているInteractive Brokers証券になります。

サラッと書いてありますが、今後どうなるのかとても気になるところ。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

11/05/2013

2013年10月末運用状況

誰でも儲かる相場環境なのに、だいぶ下手打ってダメージ負っている感じ。そして、おまけに風邪っぴき。
いつもと同様、色付きの記載が動いたものです。


►Performance



►Long-term position

[Stocks]
  1. Kimberly-Clark (KMB)*div@0.81_drip
  2. Altria Group (MO)*div@0.48_drip
  3. Johnson & Johnson (JNJ)
  4. Lorillard (LO)
  5. PepsiCo (PEP)
  6. General Mills (GIS)
  7. Unilever (UL)
  8. Procter & Gamble (PG)
  9. AstraZeneca (AZN)
  10. Chevron (CVX)
  11. Exxon Mobil (XOM)
  12. Statoil ASA (STO)
  13. Walmart (WMT)*bought
  14. Royal Dutch Shell (RDS.B)
  15. PotashCorp (POT)

[ETFs]
  • Vanguard CRSP US Small Cap Value (VBR)
  • WisdomTree International Small Cap Dividend (DLS)
  • WisdomTree Emerging Markets Small Cap Dividend (DGS)


►Short-term position

[Options]
  • Short (Cc & Csp)
    GDXOct.18 '13 P26*BTC
    SLVOct.18 '13 P22*BTC
    UNGNov.22 '13 P18.5*STO
  • Long
    VXXNov.16 '13 C18*STC
    UNGNov.22 '13 C18.5*BTO
    EWYJan.18 '14 P40
    FXIJan.18 '14 P20
    NFLXJan.17 '15 P50*BTO

[ETFs]
  • Vanguard Intermediate-Term Bond (BIV)
    *1 div@0.20507_drip
    *2 sold

[Funds]
  • MHAM MMF (08811925) *sold
  • T&D 日本債券ベア (10311965) *bought




LT:
ウォルマート買い、石油メジャー停滞、以上。

では何なので。
最近の上げ相場でポートフォリオのP/E、Yieldがどうなっているか集計してみた結果、

P/E = 15.5 (除ETF 15.5) , Yield = 3.34% (除ETF 3.54%)

でした。イールドは以前より株価の上昇と、XOM,WMTなどトータルで株主還元する企業を組入れた結果少し低くなっていますね。今のところ、USGG10YRは2.6%前後。緩和縮小が始まると配当株には厳しい時期が来るかもしれませんが、淡々とDripで積み増しで無問題。厳しい時期ならバリュエーション的に過熱感も無いでしょうし、来年以降新規銘柄の買い場到来か?


ST:
混乱の中、BIV (米国中期債券ETF) は売り抜け。んまぁ、下半期のキレの無さはここにも出ています。

コクナイ。あべくろ円債はやっぱりスゴイ。このド安定ぶりから、国内でずっと放置しているドルキャッシュを円転して来年も、日本債券ベアの積立を継続に値すると思ったり。


さて11月。思考実験と収益バランスを勘案しつつのPDCA。少しずつでも器用になるべく、日々精進を心掛けたい今日この頃。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

10/31/2013

Option trade (last week of Oct)

敢えて現物化してみるテスト。


[ NFLX ] Netflix, Inc.
  • bought Jan 17 15 50 Put @0.35 *Oct.22

[ UNG ] United States Natural Gas
  • sold Nov 22 13 18.5 Put @0.45 *Oct.21
  • bought Nov 22 13 18.5 Call @0.39 *Oct.28


ゼロコストならぬ、微クレジット(キャッシュ受取り) です。


簡単に云うと、6セント貰いつつUNG現物ホールドと等価になります。(Synthetic Long | Δ1,γ0,θ0,κ0)

上手く組めればプットバックまで付けてゼロコスト可能かもしれません。運用 = 配当嫌い (低配当・無配当株を選好する多くのファンド利用者など) の値上がり益全力派には、有効な手立てじゃないでしょうか。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

10/27/2013

ちょっと興味を惹く銘柄

TVを点けると金融系のCMが目に付く今日この頃。ワイドショーなどでもNISA (嵌め込み口座) を取り上げたり、変化の兆しがチラホラと。

そんなわかりやすく磨かれた靴の世界は、ネウゴキきが全ての自称投資家に譲って投機でも。


自分の様に資金が少なく、モニタリングも出来ない人間がオプションで収益を目論む場合、カバード・オプションが最良です。理由は簡単、分相応の賭けに限定されるからに他ならず。

当ブログ外で国内でも少し^N225先opをプレイしていますが、今は「Cカレンダーで取れたらP買い」を繰り返し行っていて、安定収益を期待しているトレードとはいえません。何故かメインのカバード・オプションより好成績なのがさておき。


して、最良と考えるカバード・オプションですが、問題がないわけではありません。

その問題とは、コール売りは原資産の保有。でも、保有は避けたい。

カバーなので当たり前ですが、心理的な意味で保有したくない原資産を対象にトレードしにくい。頭のどこかで、ホールド = 原資産の中身に拘る、そんな悪いクセがついているからだとわかっているんですが、なかなかカバード・コールする気になれず、プット売りばかりになっています。

逆に、キャッシュをセキュアーしているだけだと、その対象にする原資産の組成は気にならず冷静に売りやすい。全く合理的ではありませんけどね。


変な感じですが、
・その原資産を買ってもいいと思える値でプットを売る
この原則が自分の中に無いのかも。じゃ何で売るのか?確率とその結果が面白いからかもしれません。



そして、その止め処ない話の最後、

の前に、ざっくりETF一覧

レバレッジ物を除いて大きく下げているものは、日本株とサヨク好きな向き。

その中ではTAN (Guggenheim Solar ETF) にちょっと興味があります。いわゆるファンダメンタルズ的ではありません。無論占い信仰もありませんがチャートは、





グリードでブルシンセ?普通にCsp?読めないのでブルプットで少し控えめ?いやいやまだまだでベア?

実際には何も仕掛けないですが、こういうリスクをどう収益に結びつけるのか、単純に楽しいですね。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

10/23/2013

Option trade (late Oct)

結局は雇用統計を待ってなかったり。それでいて更新を忘れる (オリオン座流星群のせいではない


[ NFLX ] Netflix, Inc.
  • bought Jan 17 15 50 Put @0.35 *Oct.22

[ UNG ] United States Natural Gas
  • sold Nov 22 13 18.5 Put @0.45 *Oct.21


買い分。
プット・ロング (Leaps) のネットフリックスは、ケ(ry

次、売り分。
そも冷静に考えれば、前回は何故にガスを置いて金銀に逝ってしまったんだろう.......

そのガスもガスで、雇用統計後仕掛けるハズなのに、21日でさっさと売ってしまうのは.......ナゼ?



原始的計算法、Binomial Tree、BSと遊んだついで、紙と鉛筆で出した期待値 (上図) からの解に対して<場のプレミアム。そんなこんな結果、さっさと仕掛けて即ITM。

幸先悪いタイミングでの売りを反省はしていませんが、後悔もしていません (← これ1番アカンやつ
まぁ、コインも裏が出だすと連続で出る、そういうもんです。

アレコレ考えて思ったのは、所詮予測は不可能な世界で予想を立ててプライシングする。参加者全て同条件とすると、思惑の集合値であるIVと己IVの差は大体不利に働く様な。

故になるべく得意な、株屋 (株式運用メインの人) は株で、マメ屋は豆をトレードする事が最も理に適っている。で、瓦斯屋じゃないのにガス売る自分って........アヤシイ相場観に加えて、無配 = アメリカンでもアーリー・エクササイズの理由がなく計算の面倒も無いとか、そこら辺。


それはさておき、株式ETFでのトレードは暫し様子見を決めているものの、ダウのIVが10数%とかフツウかなーと思いますが、ラッセル2000で15%割れってこれは寒い。まるで売り方に一足早い冬休みを告げているようです。

原資産のBox推移をイメージしているのであれば、結構良い環境ですけど、むしろ今こそ阿呆になって、1y物使ってのベガロンマシマシですね。 (適当


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

10/21/2013

バランス確認

日曜日の昼寝がてら再読。



いつも引っ掛かる、セクター・ローテーション戦略について改めてイメージしてみましたが、自分の様なルーズな人間が果たして出来るのか?


ん、まぁ、、無理だな。


無難に現状の手法を微調整しながらのB&H (但し割高はSell) が関の山でしょうね。ただ、持ち分が景気循環ゾーンの中で、ぽっかり穴が空いている場所があるのはよろしく無い気がします。

一応、小型バリュー株に特化しているとは言っても、国・セクター分散の意味でETFは残してありますので、総合的にみてどうなのか確認してみました。


グラフ引用元:MarketHack より (ティッカーと数字は当Blogの値です)

概ね自分のポートフォリオは、景気が強い時に報われるのが42%、弱い時は58%ですね。バランスはまずまずと感じています。WMTを消費安定と見れば、もう少し弱気に優しく寄り添う配分ですね。


比較として、日本での国際分散最優秀商品、リーサル・ウェポン扱いのバンガードVTはどうなっているかというと、

[ Vanguard VT ]
業種 %
ハイテク 11.84 33.73
金融 21.89
工業 11.27 29.23
素材 6.52
消費循環 11.44
エネルギー 9.16 9.16
消費安定 9.98 27.88
ヘルスケア 9.9
通信 4.64
公共 3.36

景気が強い時63%、弱い時37%ぐらいで、上げ相場でユーフォリアを体感するに適しています。(随分前にVT保有していた時に読んだレポートでも、景気敏感株のオーバーウェイトが寄与し...云々、とあったのでナルホド納得でした)

私見と言うのか、コスト最重視な向きでのリーサル・ウェポンは、VTI+VXUS (VT=5142銘柄 | ER 0.19% , VTI+VXUS=9177銘柄 | ER 0.107%) 一択だと思っていますが、結果、配分は似たような物になり、セクター分散が上げ相場向けなのは変わらずでした。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

10/19/2013

Option trade (mid Oct)

明け方起きるのもアレなので、いわゆる敗戦処理。

[ GDX ] Market Vectors Gold Miners
  • sold Oct 18 13 26 Put @1.11 *Sep.10
    *bought to close @1.60 *Oct.18

[ SLV ] iShares Silver Trust
  • sold Oct 18 13 22 Put @0.67 *Sep.09
    *bought to close @0.87 *Oct.18

[ VXX ] iPath S&P 500 VIX Short-Term Futures
  • bought Nov 16 13 18 Call @0.47 *Sep.24
    *sold to close @0.12 *Oct.18


買い分を振り返れば、VXXは何度か (特にVIX20越えた頃) 利確 & 建直しで、結構な収益を得る機会がありました。、^N225で味をシメた、「心に棲む欲豚」がそれを許してくれませんでしタラレバ。


売り分は無事?ITMで買い戻し。んまぁ、そうなるわなwww

次なる原資産の対象、難しいですねぇ....しばらく株式は旨みがなさげなので、UNGのマンスリーATM売りが最良っぽい気はしています。取り敢えず22日の雇用統計待ち。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

10/13/2013

読書の秋

ここのところ運用については暇を持て余している、とるべきリスクは採って結果待ちの状態。なので、積読本の消化やら再読に勤しむ日々。兎角、理解力が低いので、繰り返しが必要と悲しい事情もあります。

当Blogに適している本の中では、
  1. まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
  2. Antifragile: Things That Gain from Disorder
  3. 株式投資の新しい考え方―行動ファイナンスを超えて
  4. 新しい株式投資論―「合理的へそ曲がり」のすすめ (PHP新書)
  5. 金融工学の悪魔―騙されないためのデリバティブとポートフォリオの理論・入門
  6. 金融リスクの理論―経済物理からのアプローチ (ファイナンス・ライブラリー (6))

6.はこれから格闘 (理解) が必要ですね。後は再読物で、書評は他に譲ります。


そして、コレ。


[ 第1章 デリバティブズの基礎知識 ]
1-1 先物取引とは
1-2 先物価格の意味するもの
1-3 日経225先物でアービトラージ
1-4 オプションとは
1-5 オプション価格決定の仕組み
[ 第2章 デリバティブズ取引の現場 ]
2-1 デリバティブズ・ビジネスの参加者
2-2 オプションのヘッジトレード
2-3 オプションの値決めの秘密
2-4 レポ・トレーダーの重要な役割
2-5 リスクリバーサル戦略
2-6 トレーダーもわからない最適ヘッジ行動
2-7 信用リスク
[ 第3章 デリバティブズ内包型商品の数々 ]
3-1 新株予約権付社債
3-2 アセットスワップ
3-3 カバードワラント
3-4 カバードコール
3-5 優先株
3-6 EB
3-7 MSCB
3-8 レインボーオプション
[ 第4章 会計・法規制と切り離せないデリバティブズ取引 ]
4-1 企業がデリバティブズ取引を行うと
4-2 昔のEB・カバードコールの利用法
4-3 ヘッジオペレーションへの制約
4-4 自社株をデリバティブズで購入
4-5 外国人による放送株への投資


この本は理論書と違い、直接的な難しさは感じませんし面白い。でも全てを理解する事は不可能な一冊。プロじゃないので知りたいところだけ抜粋して読むのもありでしょう。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

10/09/2013

BIVを売却

オバマ vs ベイナーの落ち着き無い中、オプションの収益保管用の米国中期債券ETF (BIV , Vanguard Intermediate-Term Bond) を全数売却。小数点以下の端数も今日には処分されるでしょう。

毎月難平で辛うじて±0、分配金のみの僅かな利益を確定。が、イエレン氏御指名で、FRBの債券購入プログラム継続っぽい。実のところ売り時では無かったかもしれませんが、今月はオプション or 現物で大きく動かす可能性があり、暫しキャッシュ・イズ・キングの方向で。


ついでの余談。
オプションと言えば、コモディティ系プット売り..........金の事をGoldman Sachs (通称名:金男) かく語りき。
Goldman’s Currie Says Gold Is ‘Slam Dunk’ Sell After Shutdown
何処かでジム・ロジャーズも似た様な事を言ってましたね。さて、どうなることやら。。。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

10/06/2013

値嵩バリュー、値嵩グロース

ダウにGOOGAAPLが入ればある意味面白い指数になったのですが。



ブルーチップ30ともいえる^DJI、ブッチギリの寄与度IBMをビザが引き摺り下ろし、1位と3位を新参の二つが挟み撃ち。結果、上位3銘柄で22%強。100ドル越えがより多くなった印象ですね。組み替えされても連動する商品がDIAしかなく、SPY (S&P500) の1/10程度の規模なので、誰かが笑う混乱は少なめに思います。

一方、日本にも引き合いに出される値嵩株指数あります、因み上位3銘柄で20%強。こちらは誰かが笑う仕組みがきっちり出来上がっています。裏側で負担するのはファンド保有者の機関とか個人とか。

逆手に考えれば、(ユニクロ)・(ソフバン or KDDI)・(ファナック)・(京セラ)・あと車屋一つぐらいと、化学か製薬一つを個別で抑える。そうする事で、バイ&ホールドでコストに加えて進んで削られている、マゾヒスティックな事象を回避しつつ指数連動が可能かと。資金できれば配当と合わせて順次上から買っていけばいいことですし。


それはそうとして、



流石というか何というかレアルというか、前途多難のペソな感じ。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

10/05/2013

柵の無い売り方が増える?

長年ヘッジファンドを含め企む者を一刀両断にしてきた、「壊れた温度計」 こと日本国債。いまやもうその動きは完全にイミフ。異次元ってこういう事だったのか......なんて。

一方、自分はというと、懲りもせず淡々と売り方にまわっています。元々、運用向けの円貨資金は大して置いておらず、それでいて向け先も無く遊んでいた資金でのBetなので知れてますが。


因みに個人がシガラミからのヘッジとして簡単なのは、

この二つ、買付手数料・信託報酬・締め切り時間を除けば、その違いがサッパリ判りません。たぶん先にローンチしている方のが何かとお安くつくと思います。

まぁ、もりもり資産と確信ある向きはIBでラージやミニ先売る手もあります。オプションも存在しますが、取り扱いしているブローカーは知りません。あと、カウンターパーティーリスクを無視すればCFDもアリか。(その時に金融機関がどうなるか全く想像出来ません)


そして、どっちかというと、しがらみの無い資金が入りやすい商品は、

ウィズダムツリーのは未だみたいですが、他と比べ良い時期にファンドを立ち上げているような気がするので、そう遠くない時期に金利適正化に向かうんじゃないかな?と、妄想。国内の資金投入が終わったら、状況を見て使ってみてもいいかもしれません。

巷で良く、だからこそ個人向け変動国債10年!を見かけます。判らなくも無いですが、生活費を含む預貯金が向かっている先を考えると全力円債漬けになるので、自分はどうにも魅力を感じません。

兎角買い買い機関と嬉々とした個人、そして親玉日銀、(既に黒くない) 白鳥に餌与えすぎではないか?少なからず日本に依存する自分としては、成功を祈りたいところですが、気付けば脳天踵落としでぺんぺん草も生えない世界へ一緒にドーゾはホント勘弁ですからねぇ。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

10/03/2013

Wal-Mart Stores 新規組入れ

1日の午後 (日本時間2日の明け方) に指値ヒットしていた模様。

Sector Industry Ticker
 Basic Materials  Agricultural Inputs POT - - -
 Consumer Staples  Cigarettes MO LO - -
 Discount Stores WMT - - -
 Personal Products PG KMB - -
 Processed & Packaged Goods PEP UL GIS -
 Energy  Major Integrated Oil & Gas XOM RDS.B CVX STO
 Healthcare  Drug Manufacturers - Major JNJ AZN - -

2011年だったか一度買おうと試みて刺さらなかったウォルマート。クシャミした感じなので、トムソン・ロイター売却のキャッシュで買っておきました。んー、ちょっとフライング気味だったかもしれん。改めて見ると、なんだかんだで保有銘柄の^DJI率上がっていますな。(5/30)


しっかし、地味なポートフォリオですねぇ.............


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

10/02/2013

2013年9月末運用状況

実にマイルドなひと月でした。いつもと同様、色付きの記載が動いたものです。


►Performance

あのー、トピックスとかニッケイヘイキンカブカって、どこの新興国指数ですか?思わず聞きたくなる振る舞いは今月も変わらず健在でした。この1年、時価総額大きい銘柄に資金が集中していますね。

一方、山師向けのピンゾロやグニを除けば、小型株が追いついていない。その事を見ても、ネウゴキきつい日の大引けブン投げ的な感じからも、まぁまぁ個人の資金が指数物に流れている気がします。もしや、新規行列率が高い今からNISA元年までって超裏張り時か?

TPX vs TPXG vs TPXV vs TSE2
TPXSM vs TPXSMG vs TPXSMV vs TSE2

っというのか、スタイル別のスモールバリューやTSE2 (東証2部指数) ファンドが無いこの状況、何故にあれ程多く居る啓蒙家は疑問に思わないのだろうか....アクティブ礼讃広 (ry まず基本揃うモン揃う方向に御尽力頂ければ外野も幸いなのですが。


►Long-term position

[Stocks]
  1. Kimberly-Clark (KMB)
  2. Johnson & Johnson (JNJ)*div@0.66_drip
  3. Altria Group (MO)
  4. General Mills (GIS)
  5. PepsiCo (PEP)*div@0.5675_drip
  6. Unilever (UL)*div@0.3545_drip
  7. AstraZeneca (AZN)*div@0.90_drip
  8. Chevron (CVX)*div@1.00_drip
  9. Procter & Gamble (PG)
  10. Lorillard (LO)*div@0.55_drip
  11. Exxon Mobil (XOM)*div@0.63_drip
  12. Statoil ASA (STO)
  13. Royal Dutch Shell (RDS.B)*div@0.90
  14. PotashCorp (POT)*bought
  • Thomson Reuters (TRI)*div@0.325_drip *Sold

[ETFs]
  • Vanguard CRSP US Small Cap Value (VBR)
  • WisdomTree International Small Cap Dividend (DLS)*div@0.32875_drip
  • WisdomTree Emerging Markets Small Cap Dividend (DGS)*div@0.46408_drip


►Short-term position

[Options]
  • Short (Cc & Csp)
    GDXOct.18 '13 P26*STO
    SLVOct.18 '13 P22*STO

  • Long
    VXXNov.16 '13 C18*BTO
    EWYJan.18 '14 P40
    FXIJan.18 '14 P20

[ETFs]
  • Vanguard Intermediate-Term Bond (BIV)
    *1 bought
    *2 div@0.21392_drip

[Funds]
  • MHAM MMF (08811925) *sold
  • T&D 日本債券ベア (10311965) *bought




LT:
新規POT買い、TRI売りで銘柄数は14のまま。気付けば両方とも (税金的には) カナダ企業ですね。

9月は配当集中月でした。そしてシェルB株の配当受取時に思う、特配扱いの悔しさ。かと言って、わざわざ蘭扱いにしてのドリップも馬鹿らしいし、ULみたいであれば有り難いんですが。。

ST:
スイングで日・中・欧回復狙いのグロース株、LVMUY (ADR OTC.PK) 辺りを秘かに注目していました。が、明らかに期を逃した感じ。ちょんの間乗っかるのは本当に難しいですね。

米国の量的緩和縮小が延期でひと段落。プレミアムで買付している、米国中期債券ETFも一旦は救われる事となりました。結局これからどう扱うかは自分の中で定まっておらず、新規買付けは9月で終了し次月中には方向を決めるつもりです。

最後Directional Betにも程があるVXXは御愛嬌、あるワケないところに張るのがミソですww Bull/Bear Ratioからもまぁ無いハズですが、今回は結構ブ厚めに資金を向けています。


さて10月。実のところ1日の時点で既に手掛けてしまっていますが、まぁいつも通りボチボチ進行。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

9/30/2013

VXX - New Position (Single Call Long)

唯、記録程度のブログで記録を忘れる怠慢さ。

[ GDX ] Market Vectors Gold Miners
  • sold Oct 18 13 26 Put @1.11 *Sep.10

[ SLV ] iShares Silver Trust
  • sold Oct 18 13 22 Put @0.67 *Sep.09

[ VXX ] iPath S&P 500 VIX Short-Term Futures
  • bought Nov 16 13 18 Call @0.47 *Sep.24

プレミアム収益の一部でコール買い、θがキツく効いてくる前に期先へロール。既に別腹のN225で実施している、保険の様な宝くじの様な作戦。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

9/27/2013

トムソン・ロイターを売却

Buy my abenomicsはいいとしてw 今回もインデックスファンドのめくら買い祭りは凄かったですねぇ、翌日の収斂はむべなるかな。塊で見ればぼやけてますが、ただでさえアレな銘柄をさらにドン。企業でいえば、1事業部がブッこいて開き直ってる感じでしょうか。


本題。
ちまちまっとホームワークした結果、Thomson Reuters (TRI) を全数売却しました。



幸運にも2011年12月安値で買付以降、ドリップで積み増しし良い感じでした。程々の株価上昇か、それにEが追随するイメージが湧けばホールドだったんですが。まぁ、さっきGSでのCEOプレゼンを読んで、悪くない判断だと思ったりしています。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

9/25/2013

難しいところ

劣悪銘柄丸抱えOKで運用する場合、相場環境や組入企業の業績など一切の悩みは無く、売却の判断は自分の資金需要のみ。一方、10数銘柄の個別でBetする場合、寄与度の高さからパフォーマンスの損傷が激しいのでそうはいきません。

そして現在保有銘柄の中、唯一マズイ感じな銘柄に、Thomson Reuters (TRI) があります。

ざっくりと特徴は、

■Positive
  • 20年連続増配
  • 財務健全性はまずまず

■Negative
  • 間接的金融セクター
  • 2008年以降EPSフラフラ

現在は判る様な判らない様な理由で堅調に推移しています。

ここから、難しいのがEXITの判断。

D-I-Vに照らし合わせても、DとIは合格でVが難。コンセンサス予想だとP/E 35を越え、諸々だとP/E 27~30と少しマシながら相対比較でも高め。サプライズなしにはホールドする理由が薄くなっています。

都合よく昨年並みのEが出れば何の問題もないですが、ファンダメンタルズ分析が出来るなら兎も角、Q3を見るのかも含め判断の時なのかもしれません。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

9/15/2013

纏めてみると自己完結

ある程度の期間で、収益を期待する株式運用については殆ど書く事がありません。

買う時もバリュエーションとちょっとした展望で判断していますし、ETFに至ってはボロクソに売り込まれたら買えばいい。自分のチャライ理解で、仮に超過収益は得れても高が知れているという認識、だけども良く判らない市場平均が正解!とは到底思えない。

どうせ責任は自分が取るし自分で組立てようよ...程度の意気込みです。

それでいてオプションも専業トレーダーの様にアクティブに動くワケでもない。と、書いてしまうとブログそのものの意味もなくなってしまいそうな感じですが、存続を賭けてw 今日も懲りずに暇潰し的なエントリーでも。

◇◇◇◇◇◇

オプションと言うと、日本語のブログでは日経先オプが多く、次にデジタル。現物決済のUS市場を主にしている方がブログを書いている比率は、圧倒的に少ない。ES等はもっと少ないく、ほぼゼロ?

当ブログで書いている現物決済は、KAPPAさんのやIBの開設が容易な事からも、旧来からの人も含めトレードしている方は相当数居るとは思います。しかし株式運用の様々な発信と比べ、なかなかインプット量は増えないカテゴリーです。(増えれば儲かるわけではないけれど)

そんな中、自分が手探りの頃からCsp & Ccについて取り上げていて参考にしている、ishipponさんのブログの最近のエントリーから、中途で止まっている疑問を記録しておこうと思い立った次第。(とても低次元な話)

辿れば、2項ツリー作成時に沸いた疑問なのですが、例えばETFで分配が3%/年として、半期分配で1mオプションが該当した場合、その月での率は18%強にもなります。自分は未だないですが、アーリーエクササイズが発生する理由の一つに配当落ちがあると思いますが、ここでまず一つ。

個別株の場合、増配にしろ現状維持にしろ読める部分があるので配当の要素を考慮可能かと。

一方ETFの場合、概ね何%が年に分配されて、どの月が偏った吐き出しするのか。過去からの傾向である程度掴めても、実際は寸前にならないと正確には分らないと思います。

すると仕掛けた段階では、いくら出るのか分らないのに分配の現在価値を出してプレミアムを弾く。
どうやって?そしてもう一つは、いつ落ちるの?

そんな事もあって (主には高ボラに釣られてw)、無配・低配の商品関連に最近はシフトしていたのですが。。

と、書いていながら気付いたのですが、インサイダー以外は同等の情報しか持ち合わせていないとすれば、成立している値は闇雲というか思惑のみ。どうせ1秒後の変動すら分らないのに考え過ぎですね。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

9/13/2013

Potash Corporation of Saskatchewan 新規組入れ

何故か結局タゲバイせずに買う。

Sector Industry Ticker
 Basic Materials  Agricultural Inputs POT - - -
 Consumer dictionary  Business Services TRI - - -
 Consumer Staples  Cigarettes MO LO - -
 Personal Products PG KMB - -
 Processed & Packaged Goods PEP UL GIS -
 Energy  Major Integrated Oil & Gas XOM RDS.B CVX STO
 Healthcare  Drug Manufacturers - Major JNJ AZN - -

まぁ、アレコレ書いたところでなので簡単に。

ポタッシ・コーポレーション・オブ・サスカチワン。過去に鉱業の雄、BHPビリトンに狙われた事のある同社のメインは社名通り苛性カリ (肥料) です。農業関連ですが、括りは資源・鉱業株です。

中進国の状況や、単価にネガティブな話題が最近も色々ありますが、Wide Moatで財務状況も悪くない、これからの配当株的な雰囲気。

そして鉄鉱業株ほど高βでもないところも好感。ちょうどカクンと調整も入り妙味も感じます。飛びきり良いとは言えませんが、暫くポートフォリオに組込してもいいんじゃないかな?と、Betしました。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

9/11/2013

GDX - New Position (Csp) と日米雑感

バンカメ、アルコア、HP、さようなら。と、別にDIAに投じてませんし、自分にはどうでも良い事でした。
Big changes on way for Dow industrials


さて本題。これみよがしに騰がっていくPOTを横目に仕掛けておきました。SLVといい、ちょっと早まった感が否めませんケド。


[ GDX ] Market Vectors Gold Miners
  • sold Oct 18 13 26 Put @1.11 *Sep.10

[ SLV ] iShares Silver Trust
  • sold Oct 18 13 22 Put @0.67 *Sep.09

もし行使された場合、ポートフォリオの25%が金鉱株そして銀と相成り。コイツどんだけ光モン好きなんだって感じですね。

----------
またガラっと話は変わりますが、日本株では五輪招致成功で建設系の低位クソ株 (業界関係者なのでクソ企業とまではいいませんがw) がエラい事になっているようで。この状況が不気味に見えるのは、長年不幸慣れしているからでしょうかね。


[ にほんブログ村 | 資産運用 , 株 オプション取引 ]

9/09/2013

SLV - New Position (Csp)

日曜に確認 (確信?) して、Potash Corporation of Saskatchewan (POT) を$30でターゲット・バイする事に決めたら、本日見事に横槍。とても遠くに飛んでいきました。。。


[ SLV ] iShares Silver Trust
  • sold Oct 18 13 22 Put @0.67 *Sep.09

ガスも様子見中。なので本日は、次点候補で分散目的の銀ETFのみ完了。しかし、スタンダードな株式ETFから遠ざかったままですねぇ。


--------------
一気に話変わって。
そういえば、Extended-Hours Trading出来る様にすれば?のメールが来ていたのでついでにアップグレード完了。お祭りがあったりすれば使うかな?




[ にほんブログ村 | 資産運用 , 株 オプション取引 ]

9/06/2013

オプション取引 (UNG - Closed) と酩酊雑感

望まない方向ですが致し方なく。そうそう、QGKでもありますし(冗談


[ UNG ] United States Natural Gas
  • sold Sep 21 13 18 Put @0.71 *Aug.16
    bought to close @0.08 *Sep.05

思うににオプション売りは、SQに向かって原資産値がストライクプライスに近づきつつ、数セント上 (下) でギリギリexpireが理想の一生。逆に早期でOTMとなる展開は相場やB&Hに負けていると思えて仕方が無い。

と、思ったところで何か変わるワケでもないので、新規売建は明日以降の風向きで決めようと思います。



9/05/2013

選り取り見取り

普段、先物・オプのみに使っているのでマケスピしか立ち上げる必要の無い楽天。時々、山崎(元)氏・廣瀬氏のコラムを読むぐらいでしたが、レポート・コラム&コメントの人選が、占い(罫線)・肉食(草系で食んでる人) ・株芸人(ゴキゲン)と、何でも御座れで中々面白い。もっと早くに気付くべきだった。。


そんなついで、今日見たバックナンバーで目に留まったので。

投資で「信者」に堕ちる危うさについて | 山崎俊輔「『なんとなく』から卒業!実践・資産形成術」- 楽天証券
とても良い事を書いていると思います。

ですが、例えばシーゲル派の様な、証券会社にとって不味い信仰を除けば、盲目的信者が多い手法をどんどん推奨して手数料や、取りっぱぐれなく安定的に毎月積み増してくれる信託報酬の取り分を稼がないと何処で稼ぐんでしょうね?とても不思議です。

--------

さて一方自分はというと、当て嵌まっている様な、いない様な感じw

それでもプラスサム期待の世界では、自分の考えより世間やマジョリティの動向を気にしています。そして、その後ろにホイホイ並ぶ愚かだけは常に避けるようにと心掛けています。結果、儲かるかどうかは兎も角。


[ にほんブログ村 | 資産運用 , 株 オプション取引 ]

9/04/2013

7 (10) と J (1000)

久しくSPYのオプションなど考えもしなかったので今知りました。。



SPY ・・・ 100口/枚
SPY7・・・ 10口/枚
SPYJ・・・ 1000口/枚

ジャンボは、1コントラクト毎に追加されるfeeが減る分いいかもしれませんね。流動性は未だなんともですが、拡がってくれる事を期待しています。


考えてみれば、ここのところ商品やキワモノを原資産にトレードしていたので、株式ETFはどんな感じか全く掴んでいないww 折角なのでチェックしてみました。

【Expiry: Oct 19, 2013 Days: 46】            
Ticker Name Rate Price Strike DSP ROI AROI IV
IYR  iShares Dow Jones US Real Estate 1.39 61.72 60 2.8% 2.32% 18.4% 22.18%
UNG  United States Natural Gas 0.765 19.25 19 1.3% 4.03% 31.9% 32.76%
UCO  ProShares Ultra DJ-UBS Crude Oil 1.275 38.68 35 9.5% 3.64% 28.9% 52.37%
DIA  SPDR Dow Jones Industrial Average 2.035 148.11 145 2.1%1.40% 11.1% 14.89%
SPY  SPDR S&P 500 2.53 164.39 161 2.1% 1.57% 12.5% 16.03%
EFA  iShares MSCI EAFE 1.02560.31 592.2%1.74%13.8% 18.96%
QQQ  PowerShares QQQ 1.16 75.9 74 2.5% 1.57% 12.4% 17.82%
IWM  iShares Russell 2000 1.93 101.06 98 3.0% 1.97% 15.6% 21.89%
EEM  iShares MSCI Emerging Markets 1.055 38.26 37 3.3% 2.85% 22.6% 26.23%
EWZ  iShares MSCI Brazil 1.06 42.92 41 4.5% 2.59% 20.5% 31.48%
[Rate=プレミアム仲値 , Price=終値,DSP=糊代 , ROI=Rate/Price , AROI=ROI/Day*365]

ストライクプライスは自分が売りそうなところで抽出しています。こうやってみると、株式インデックスも売建てにそこそこ良い時期に来ている気がします。個人的に現段階は未だUNGとUCO (まだ懲りていない) に惹かれていますけど。


[ にほんブログ村 | 資産運用 , 株 オプション取引 ]

9/03/2013

2013年8月末運用状況

まさにヨコヨコ。いつもと同様、色付きの記載が動いたものです。


►Performance


►Long-term position

[Stocks]
  1. Kimberly-Clark (KMB)
  2. Johnson & Johnson (JNJ)
  3. Altria Group (MO)
  4. Thomson Reuters (TRI)
  5. General Mills (GIS)*div@0.38_drip
  6. PepsiCo (PEP)
  7. Procter & Gamble (PG)*div@0.6015_drip
  8. Unilever (UL)
  9. Chevron (CVX)
  10. AstraZeneca (AZN)
  11. Lorillard (LO)
  12. Exxon Mobil (XOM)
  13. Statoil ASA (STO)
  14. Royal Dutch Shell (RDS.B)

[ETFs]
  • Vanguard CRSP US Small Cap Value (VBR)
  • WisdomTree International Small Cap Dividend (DLS)*sold 18%
  • WisdomTree Emerging Markets Small Cap Dividend (DGS)


►Short-term position

[Options]
  • Short (Cc & Csp)
    TBTAug.17 '13 C76*BTC
    UNGAug.17 '13 P18*BTC
    GDXAug.30 '13 P24*STO,*BTC
    UNGSep.21 '13 P18*STO

  • Long
    TBTAug.17 '13 C75*STC
    TBTAug.17 '13 P74*expired
    EWYJan.18 '14 P40
    FXIJan.18 '14 P20

[ETFs]
  • ProShares UltraShort 20+ Year Treasury (TBT)*sold
  • Vanguard Intermediate-Term Bond (BIV)
    *1 bought
    *2 div@0.22323_drip

[Funds]
  • MHAM MMF (08811925) *sold
  • T&D 日本債券ベア (10311965) *bought




LT:
ETF運用はDLSを一部売却。配当株は増配ありがたやを除けば特にないですね。AZNは残念ながら止まりましたが....英国株の連続増配は随分減りましたね。今やBBL,SNN,IMASFの3銘柄だけに (ADRのみで)

ST:
プレミアムで買付している債券ETFのBIVが結構溜まってきています。

非常に参考になるputwriteのレポートや、朝星5ファンドのVWINXから見ると、債券はポートフォリオの一部としてこのまま長期運用に切換え、引き続きバイ (難平) &ホールド (塩漬け) する方がいいのか?それとも先のレポートやファンドの成績は長期間債券が一貫して上昇 (金利低下) し続けてきたからであって、黄金期を経て転換期に差し掛かっているのか?

本当のところどうなのかは判りません。今の気分はキャッシュに戻しオプションの原資にするべきと考えていますが、ハテサテ。


さて9月。天然ガスは暫く1mmbtuが3.5を割らない程度だろう、そんな予感でUNGを売っていく簡単なトレードだけでしょうか。というか、日本の輸入価格高過ぎですね。


[ にほんブログ村 | 資産運用 , 株 オプション取引 ]

8/28/2013

ROIを見てみる

いつもの止め処ない余談 (与太) から。

しょせん兼業の運用なぞ、市場トレース (の劣後版) で得れるらしい過去からの結果が実現するのであれば何の問題も無いわけです。

ただ古典?の通り、例えがあまりにも悪過ぎですがTopixでそのステージへ誘ってくれる可能性、夢を持ち多く見積もって五分五分としても全くリスクに見合わないと感じるのでカスタムが必要。そう考えて運用手法が現在形へ変化し、右往左往の紆余曲折に見える自然な流れ。

故に自分の場合、リスク資産の半分は *1) イニシエに従い、残りはオプションが中心です。

散々書いていますが、オプションと言っても稚拙な買いは兎も角、基本にしているのは原資産 (や現金) を確保してのトレードで単純な売り戦略。所謂カバード・コール、キャッシュ・セキュアード・プットです。

リスクを取り出しトレードするので本来 *2) ハイリスクな筈ですが、対象原資産 (インデックスETFなど) のB&Hよりリスクは低くリターンが高い。そんなEvidenceは既出を各々あたって頂ければと思いますが、もちろん他の手法同様に良い事尽くめは無く、下手打つとすっげーやられます。

------------

さて、本題。
結構下手を (売っ) 打っている自分のトレード履歴でROI (return on investment) の原資産別平均を出して見てみると、
          
RCTicker ROI (ave.)N.B.
12 IWM1.44% Csp
5 VXX-0.30% Csp,Cc
4 XOP 1.59% Csp,Cc
4 TBT 0.87% Csp,Cc
3 AVP 2.24% Cc
2 GDX 1.88% Csp
2 UNG 2.00% Csp
1 EWZ 2.31% Csp
1 INTC 3.01% Csp
1 VALE 4.36% Csp

値はバイバックなどのコストを含めています。時々で原資産を変える方法を採っているのでリピート回数がどれも少ないですが、その少ないサンプルの中一番多いIWMで見ると、平均DTE (days until expiration) が26日でしたので、365日で出すと年率20%程度。100円で20円はポンジー除いて未だ知らないですねww

唯一マイナスな結果、 *3) デリバティブのデリバティブでそのデリバティブのデリバティブなVXXは、オプションはダメダメでも現物取り返しているので結果問題ではありませんでしたが、最近よく売っていたTBTと同様自分には合いませんでしたね。反省を踏まえ、今のところどちらも売らない方向。

時にはVALEみたいなラッキーな事例もありますが、IV次第ですが概ね1トレードでのROIは1.2~1.4%程度と考えて選んでいくといいかもしれません。と、収益率から原資産を追い掛けるという、何とも意味不明な締め。


*1) 市場平均 < D-I-Vポートフォリオ、市場平均 < 小型バリュー株。
*2) √2・σぐらいとあったような記憶 (ソース失念)
*3) S&P500指数を対象とするオプション取引の値動きを元に算出された指数(短期) を対象にしたETN


[ にほんブログ村 | 資産運用 , 株 オプション取引 ]

8/22/2013

Wacthlist

9月に向けたじわじわを感じたので、注目度上位のウォッチリストを確認してみました。2012/12の記事より、見る銘柄数も増えたようなそうでないような。注目度下位は20銘柄程ありますが割愛。



もう ひと 十声あれば、ブリティッシュ・アメリカン・タバコとかマテルあたりを仕込みたい。煙草はPMもヘタレてきているので、BTI or PMか。指咥え銘柄、ヘルスケア関連のスミス・アンド・ネフューは完全に買い場逃した感ありありで、当面無理っぽい。

あらためてバーゲンは遠いなぁ、と思いつつログアウト。


[ にほんブログ村 | 資産運用 , 株 オプション取引 ]

8/16/2013

オプション取引 (Long , Short)

下手打ちました。。


[ FXI ] iShares China Large-Cap
  • bought Jan 18 14 20 Put @0.16 *Jul.09

[ GDX ] Market Vectors Gold Miners
  • sold Aug 30 13 24 Put @0.55 *Aug.05
    bought to close @0.06 *Aug.15

[ TBT ] ProShares UltraShort 20+ Year Treasury
  • bought Aug 17 13 75 Call @1.09 *Jul.22
    sold to close @2.82 *Aug.05
  • bought Aug 17 13 74 Put @1.54 *Jul.23
  • sold Aug 17 13 76 Call @1.79 *Jul.23
    bought to close @2.32 *Aug.15

[ UNG ] United States Natural Gas
  • sold Aug 17 13 18 Put @0.44 *Jul.30
    bought to close @0.38 *Aug.16
  • sold Sep 21 13 18 Put @0.71 *Aug.16


昼間日経先opでウハウハしてたら、夜は反転、天然ガス(UNG)が寄付前イマイチ方向、ITMがディープ側に行きそうな気配。ま、アヤシイ相場観で売っているし、損が出ない程度で終わったらいいか位の感じでバイバックの指値し、就寝しました。



そして、

今日から盆明けなので、4時に起床し、、、、結果、、、、信じなかった自分を詰めてやりたい気分です。。。。27セントも余分に支払ってますがな。。。

悔やんでも仕方が無いし、同じくバイバックしたGDXは売り水準から外れているので、UNGを9月限のATMで再び売っておきました。(これが大間違いのモトかww


[ にほんブログ村 | 資産運用 , 株 オプション取引 ]

8/15/2013

オプション取引 (Long , Short) と小判鮫

TBT終値78.32、ストライクプライス76でバイバック2.32。
時間価値を取りきったと言ってもスゴく複雑な気分デスね..........


[ FXI ] iShares China Large-Cap
  • bought Jan 18 14 20 Put @0.16 *Jul.09

[ GDX ] Market Vectors Gold Miners
  • sold Aug 30 13 24 Put @0.55 *Aug.05

[ TBT ] ProShares UltraShort 20+ Year Treasury
  • bought Aug 17 13 75 Call @1.09 *Jul.22
    sold to close @2.82 *Aug.05
  • bought Aug 17 13 74 Put @1.54 *Jul.23
  • sold Aug 17 13 76 Call @1.79 *Jul.23
    bought to close @2.32 *Aug.15

[ UNG ] United States Natural Gas
  • sold Aug 17 13 18 Put @0.44 *Jul.30


まだプット買いが残っていますが、転売する事は無いと考え今回のTBTリベンジを纏めると、オプション収支は(1.79+2.82) - (1.09+1.54+2.32) = -0.34/口のキャッシュアウトでまたも敗北。あまりオカルトな事を言ってもアレですが、相性が悪いww ので米債の現状から考えても、ロールするか売却するかは微妙なところ。

原資産として面白い対象ですが、2倍・3倍物はもう少し上手く使わないとダメですね。暫くウルトラショートなTBTは控えて、原資産の対象を探す事にします。


と、ダメな更新ついでに余談も。

8/11/2013

夏の一日

今日から盆休み。

なのに我が家の犬一匹がヘマして靭帯断裂で安静決定。よってスケジュールが一気に空白。と、いう事でBlogを巡回したり本を読んだり。

Reminiscences of a Stock Operator | Edwin Lefevre。アマゾンのレビューにもある様に邦題が?な事は兎も角、引っ張り出しての再読。トレーダーなら一度は的な一冊で、巷溢れる長期投資手法本とは違い、投機故の失敗談が多く面白い読み物です。(変わらず読書感想文は書けないww)


さて、自分事でも。

先週金曜日にポートフォリオ内、インデックス運用の一部である北米除く先進国ETFのDLSを、いつもの最低売買金額に相当する18%分を売却。全体にキナ臭い感じもするし、そう思うならリバランスを言い訳に利確しましょうと。

これで米:先進:新興インデックス運用の割合が1:1:0.85程度になり、ポートフォリオ全体の2割強まで縮小。



当面はこのくらいの割合を目安にしていくつもりです。

折角の空白だらけな連休が出来たので、運用思案はほどほどに、ライフプランと趣味に時間を費やす事にします。


[ にほんブログ村 | 資産運用 , 株 オプション取引 ]

8/06/2013

オプション取引 (Long , Short)

肩透かしな印象を受けなくはない。。


[ FXI ] iShares China Large-Cap
  • bought Jan 18 14 20 Put @0.16 *Jul.09

[ GDX ] Market Vectors Gold Miners
  • sold Aug 30 13 24 Put @0.55 *Aug.05

[ TBT ] ProShares UltraShort 20+ Year Treasury
  • bought Aug 17 13 75 Call @1.09 *Jul.22
    sold to close @2.82 *Aug.05
  • bought Aug 17 13 74 Put @1.54 *Jul.23
  • sold Aug 17 13 76 Call @1.79 *Jul.23

[ UNG ] United States Natural Gas
  • sold Aug 17 13 18 Put @0.44 *Jul.30


模様眺めしていたGDXをようやく売り。

そしてTBT。最終的には期待外れでコール買いを手仕舞い、プロテクティブ・プットと相成り。その転売益によって持ち出しゼロで保険を買えているので、結果イメージと違えどトレードとしては上手く修正出来た事にします。


[ にほんブログ村 | 資産運用 , 株 オプション取引 ]

8/02/2013

2013年7月末運用状況

ここに記載の資産は殆どがドル建てながら、5月末との3円の為替差を吸収し僅差まで戻って締りました。
いつもと同様、色付きの記載が動いたものです。


►Performance


►Long-term position

[Stocks]
  1. Kimberly-Clark (KMB)*div@0.81_drip
  2. Johnson & Johnson (JNJ)
  3. Altria Group (MO)*div@0.44_drip
  4. Thomson Reuters (TRI)
  5. General Mills (GIS)
  6. PepsiCo (PEP)
  7. Unilever (UL)
  8. Procter & Gamble (PG)
  9. Chevron (CVX)
  10. AstraZeneca (AZN)
  11. Lorillard (LO)
  12. Exxon Mobil (XOM)
  13. Royal Dutch Shell (RDS.B)
  14. Statoil ASA (STO)

[ETFs]
  • Vanguard CRSP US Small Cap Value (VBR)
  • WisdomTree International Small Cap Dividend (DLS)
  • WisdomTree Emerging Markets Small Cap Dividend (DGS)


►Short-term position

[Options]
  • Short (Cc & Csp)
    EWZJul.20 '13 P40*BTC
    IWMJul.20 '13 P93*BTC
    GDXJul.26 '13 P22*STO,BTC
    TBTAug.17 '13 C76*STO
    UNGAug.17 '13 P18*STO

  • Long
    TBTAug.17 '13 C75*BTO
    TBTAug.17 '13 P74*BTO
    EWYJan.18 '14 P40
    FXIJan.18 '14 P20*BTO

[ETFs]
  • Vanguard Intermediate-Term Bond (BIV)
    *1 bought
    *2 div@0.20565_drip

[Funds]
  • MHAM MMF (08811925) *sold
  • T&D 日本債券ベア (10311965) *bought




LT:
配当株運用は13.14位が定着しているシェルとスタトイルは変わらずヨワヨワですが、買った理由が消滅するまで放置ですし無問題。そして、新規銘柄を買う相場でもないので少しづつ興味の銘柄を調べたりするだけでした。

次に、小型バリュー株にフォーカスしたインデックス運用ですが、そも思考停止運用なので全く何もする事はありません。せいぜい、次の買い場がくれば米国はVBRじゃなくてEESにしよう。とか、先進国はDLSじゃなくてPDNか?と考えては忘れる程度の作業しかありません。

ST:
オプションは記録通りの進行。最終日31日は期待しましたが、コレマタ平穏な動きで残キャッシュはBETする事なく終わりました。まぁ、資金効率が良かった月なので贅沢言うといけません。

米債はいつも通りの買い。日債は急激に退屈モードで心底辟易していますが、予定通り年内目一杯張って結果を待つ感じです。


さて8月。長期は寝て待つ、短期はいつも通り淡々とトレード予定。夏ですし遊び中心に、運用は放置が良策かと。


[ にほんブログ村 | 資産運用 , 株 オプション取引 ]

8/01/2013

誰に遠慮してるの?

へぇー知恵の木がついに買えるんですかそうですか.............


あ、、



DEMね、



えーー、、



DWMは?


在るがままこそ投資の王道 (Topix) らしいので、山水の空き枠に8月末から仲間入りする我等がex大証の雄、キムラタンのお買い上げを皆様ヨロシク。とは少々趣きが違いますが、DWMの大元、北米外先進国EAFE (EFA) では市況で飛びつかれ素っ高値∴組入れ出来る銘柄としてモルスタ認定∴ガンホー組入れ。

その様な刹那的選択を、配当フィルタによって影響を少し和らげる。良い物を選ぶのでは無く、クソなりボロの影響低減。石をくれても無配の銘柄は排除できますし、結果7年ではアウトパフォーム中。同じリスクならリターン高い方が誰だって良いに決まっています。


そういった意味でもDWMは、市場平均と同程度銘柄分散しつつ、ちょっとティルトした商品が欲しい人向け。そんな一番受け入れられそうなETFを先ず持ってくるベキではなかろうか?

7/30/2013

オプション取引 (Long , Short)

今月はホント良く動かしています。


[ EWZ ] iShares MSCI Brazil Capped
  • sold Jul 20 13 40 Put @1.14
    bought back @0.13 *Jul.11

[ FXI ] iShares China Large-Cap
  • bought Jan 18 14 20 Put @0.16 *Jul.09

[ GDX ] Market Vectors Gold Miners
  • sold Jul 26 13 22 Put @0.49 *Jul.03
    bought back @0.02 *Jul.19

[ IWM ] iShares Russell 2000
  • sold Jul 20 13 93 Put @1.96
    bought back @0.36 *Jul.01

[ TBT ] ProShares UltraShort 20+ Year Treasury
  • sold Jul 20 13 75 Put @1.09 *Jul.11
    assigned *Jul.20
  • bought Aug 17 13 75 Call @1.09 *Jul.22
  • bought Aug 17 13 74 Put @1.54 *Jul.23
  • sold Aug 17 13 76 Call @1.79 *Jul.23

[ UNG ] United States Natural Gas
  • sold Aug 17 13 18 Put @0.44 *Jul.30


粘着するつもりの金鉱株 / GDXは暫く眺めていましたが、そのままアレよアレよで売れずじまい。その代わりではないですが、半分ほど天然瓦斯を仕掛けてみました。別段コモディティに明るいわけでもないですが、いつものアヤシイ相場観でww

TBTは引き受けた分も絡めて妙味を感じたので、アレコレ仕掛けています (舌の根乾かんウチに懲りひんやっちゃで.....

そのポジションですが、
  1. 20日、プット売建権利行使されて引受け
  2. 22日、コール買建
  3. 23日、プット買建
  4. 23日、引受けた原資産のコール売建

現状は (ほぼ) ロングストラドルに、その外でカバード・コール。

纏めると、FOMC~雇用統計でどうなるのか予想もつかない。予想が出来ないけど利益になりそう、そんな戦略です。ヨコヨコは考えにくいですが、そうなれば買いはセータに絞め殺される前に手仕舞い、プットを売ってショートストラングルにするつもりです。

過去、往復ビンタでこんな顔 (TBT) でしたが、学習し少しは溜飲が下がるハズ? > 自分

あと端買いのFXI、毎日プライシングして指してますが全然寄り付かないのはどうしたものか。。


[ にほんブログ村 | 資産運用 , 株 オプション取引 ]

7/24/2013

箱が有っても中身が.....

周回遅れブロガーとしてNISAについて。

制度を未だ良く理解してませんが、何となくカイガイETFでVNQVNQIを半々買ってればいいんじゃ?と思いきや、そも取扱いがなかったwwww バンガード・インベストメンツ・ジャパンのやる気を感じます。

では、日本株でも買って放って置くとすれば、


スクリーニングで、割安・財務健全性が高い配当銘柄を引張ってみました。このままで居るなら、藤商事や中央自動車なんかをP/E見ながら組合せてればいいんでないか?んー、と言うのかそこまで無理に年200入れるのもどうかな。(200=相方枠含む)

いっそ一部Firstrade→IBに移管しようかと考えていたのを取りやめて、その資金で口座開設してLDS (LEAPS Diagonal Spread) してる方がいい気がしてきた。NISAは制度が拡大 + 恒久化されて、商品環境も十分整ってから改めて考えても遅くはないな。


[ にほんブログ村 | 資産運用 , 株 オプション取引 ]